「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

 File Data. 129 横浜/ポートハイム第 2 吉野町管理組合

TM方式の先駆的な事例
工事監修プラス責任施工

 市街地マンションにおける改修方法としてNPO浜管ネットが「中型マンション改修工事見学会」を行ったマンションを紹 介する。
 管理組合の取り組みにはまず、管理会社の倒産が引き金になった。これまでの経理の不透明さ、会計のずさんさを目の当 たりにし、管理組合は自主管理を目指そうと浜管ネットに相談 依頼に来たのだ。        最初は組合運営の立て直しの相談だったが、1985年竣工という築年の古い建物であることから建物管理・計画修繕の問題 も出てきた。ただし、その予算はない。
 そこで浜管ネットから提案があったのが、原則30戸未満の小規模マンション向けに制度化された「小規模マンション設計監修・工事監修方式」。
 修繕資金が蓄積されていない小規模老朽マンションに少しでも適正な維持管理ができるよう、管理組 合に目を向けてもらうことを目的した制度である。
 提案型の基 本計画書による責任施工会社選定を行い、設計コンサルタントは工事監修だけを行う取り組みである。
 ポートハイム第2吉野町は51戸で、「原則30戸未満」の要件 には当てはまらないが、今回は浜管ネット技術者部会の岡田建 築設計事務所が個別案件として対応した。
 現在、全建センターが取り組んでいるトータル・マネジメン ト方式(TM方式)の先駆的な事例といえる。
 TM方式では戸数 要件はなく、中規模、大規模マンションでも対応する。
 事例マンションの施工はカシワバラ・コーポレーションが担 当。外壁タイルの剥離防止工法を採用し、工事見学会での目玉 ともなった。外壁補修の後、壁面をコーティングするもので、 汚れにくく、美しさの保持。タイルも「クローンタイル」と呼 ばれる柔らかな樹脂タイルでひび割れの再発防止となる材料も使用している。

(大規模修繕工事新聞115号)

施工者の居住者向け連絡ボード。 工程表など随時更新される

共用廊下・階段床を剥離し、長尺 シート貼りを行う

ひび割れ0.3mm以上のUカットシーリングの補修を実践

外壁塗装の試験施工① 希釈率3%、5%、7%の塗料を用意

外壁塗装の試験施工② 実際に3種類の塗料を塗布した部分を見比べてみる

外壁タイルの洗浄方法を説明

外壁タイルの貼り替え工法を紹介

工事データ
○工事名/ポートハイム第2吉野町大規模修繕工事
○建物概要/1985(昭和60)年竣工・RC造・1棟・7階建て・51戸
○発注者/ポートハイム第2管理組合
○施工者/(株)カシワバラ・コーポレーション
○工事監修/(株)岡田建築設計
○主な工事内容/足場設置/下地処理/外部塗装/鉄部塗装/ベランダ防水/共用廊下シート貼り替え/その他

施工者:株式会社カシワバラ・コーポレーション
■東京本社
〒108-0075
東京都港区港南一丁目8番27号 日新ビル9階
電話 03-5479-1400
代表者:柏原伸介
設立:1949年(昭和24年)3月
資本金:2億5,010万円
//www.kashiwabara.co.jp

管理組合の修繕奮闘記を募集します。
掲載を希望する管理組合は全国建物調査診断センターまでご連絡ください。
編集担当記者が現地に取材に伺います。
※記事は記者が作成します。取材時には住民説明会資料、施工写真データなどをご用意ください。
全国建物調査診断センター
TEL. 03-6304-0278  FAX. 03-6304-0279
info@zenken-center.com