「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

トータル・マネジメント(TM)方式のご案内

 大規模修繕工事新聞を12年間、発行してきて読者である管理組合員の声を細かに効き続けてきました。その都度、小さな矛盾にも多く答えてきましたが、何故そもそもこのような矛盾が起きてきているのか考えました。
 管理組合が望むものは、(1)不急、不要な工事はやりたくない(2)高い設計コンサルタント料など払いたくない(3)不適切コンサルに騙されてたくない(4)不適切管理会社のペースに乗りたくない(5)予算をオーバーしないような工事計画を立てたい(6)組合員の完全な合意を得て納得を得た工事をしたい、等です。
 これらの問題は全て従来からの設計監理コンサルタント方式や管理会社主導方式の弊害です。この仕組みを採用し続けるかぎりはこの悩みから脱却できません。
 そもそも大規模修繕工事は、発注者である管理組合と請負をする施工会社の2者があれば事足ります。
 そこに設計コンサルタントや管理会社という脇役が入ってきて、余計な費用がかさむような仕組みがいつの間にかできあがったのです。
 全国建物調査診断センター(全建センター)はこの余計な脇役にはどいてもらって本来の主人公である管理組合と施工会社で直接マッチングするシンプルな仕組み(責任施工方式)にすることで、管理組合の手に大規模修繕工事を取り戻すことを考えました。
 全建センターは、このシンプルな責任施工方式に管理業務と保証業務のお手伝いをさせていただきます。

 

 


TM方式4つのメリット
① 工事会社を最初に決定するため、コンサルタントが行う業務がなくなり、コストと時間を削減できます。
② 工事会社にすべて任せる従来の「責任施工方式」を、TM方式では全建センターが正しく管理・運営するため、安全かつ煩わしさがありません。
③ スッキリした透明性の高い流れのため、不正なお金の流れやトラブルがありません。
④ 工事会社保証、完成保証、瑕疵保証、材料品質保証がセットされているので、本当に安心です。

(大規模修繕工事新聞124号)


問い合わせ
一般社団法人全国建物調査診断センター
でんわ03-6304-0278 FAX.03-6304-0279
E-mail info@zenken-center.com
URL //zenken-center.com

TM方式契約(トータル・マネージメント方式)

管理業務

責任施工会社の推薦
 1.施工会社選定条件の設定と推薦
   (会社規模、実績、技術力等の総合バランス判断)
 2.施工会社選定の実施
 3.提出資料の比較・分析作業
   (見積書、提案企画書の査定比較と評価)
 4.最終選考:施工会社選定に関わる評価と助言
②スケジュール設定管理
 1.工事全体のマスタースケジュール作成(年単位)
 2.各段階別スケジュールの作成(月単位)
③施工会社管理
 1. 調査診断業務における計画書作成の指示と内容
の確認と指示
 2.調査実施時の立会い
 3. 改修設計業務における設計内容の確認と指示お
よび指導
 4. 工事時の自主検査体制、「自主管理」事項内容の
確認と指示・指導
④予算管理
 1. 管理組合積立金予算の把握と全体予算案の提案
(プロジェクト開始時に設定)
 2.予算執行状況の確認と助言(工事期間中に実施)

保証業務

(工事中)完成保証
施工会社の倒産などの場合、工事の継続・金銭保証もいたします。
最適な引き継ぎ業者をあっせんします。
(工事後) 瑕疵保証
工事に瑕疵があった場合、工事会社が補修した費用を保証します。
また万一、施工会社が工事後倒産していた場合は補修費用を直接管理組合に支払います。
材料保証
関西ペイント㈱、田島ルーフィング㈱等の一流材料メーカーより、品質保証書が発行されます。