「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

「終の棲家プラン」を新提案 マンションの危機 小修繕がスラム化を救う!

 一般社団法人全国建物調査診断センターでは、継続的な小修繕(定期調査含む)と18年周期の大規模修繕工事を組み合わせた「終の棲家プラン」を提案しています。理事長や修繕委員を対象とした「オンライン・マスターコース」でマンションの長寿命化を学び、管理組合の自立や財務改善を促していくことで、現在のマンションが「終の棲家」となっていくプランです。
■「新長期修繕計画」で18年周期に
 これまで大規模修繕工事は12年周期が一般的といわれてきましたが、全建センターのセカンドオピニオン制度で作った「新長期修繕計画」を適用すれば、18年周期となります。「新長期修繕計画」は小修繕を連続することで実現します。小修繕は「小回り」と「コスト」が重要ですので、専門工事会社に直接発注することをおすすめしています。全建センターの会員工事会社紹介制度がありますのでご活用ください(紹介料無料)。
■セカンドオピニオン制度で自立を促す
 築8~9年目に行う瑕疵調査の際、全建センターとセカンドオピニオン契約を行い、その後、定期調査と小修繕を継続して行うことで、大規模修繕工事が18年周期となります。セカンドオピニオン制度は管理組合の自立を促し、管理運営に意識を持つことで、財務を改善させます。さらに大規模修繕工事や設備改修を行う際、トータル・マネジメント方式を採用すると、設計コンサル費用削減や工事自体の実施時期、範囲、内容の適正化を進めることが可能になります。
■「オンライン・マスターコース」受講者募集!
 大規模修繕の時期に理事長や理事、修繕委員を対象とした研修コース「オンライン・マスターコース」は2021年1月スタート。現在、受講者を募集しています。この研修コースは、全建センター筆頭理事が講師を担当。オンライン方式で1年かけて新任理事長をカリスマ理事長に変身させていくものです。研修は1カ月目の「基礎編」と「実践編」で構成し、
YouTubeで受講します。2~ 12カ月の「実践編」は⑴区分所有と管理規約概論⑵マンションのしくみ建築編⑶マンションのしくみ設備編⑷管理会社との委託契約について学びます。講座終了後に修了認定証を発行します。

(大規模修繕工事新聞133号)


●お問い合わせ先
一般社団法人 全国建物調査診断センター
☎03-6304-0278 FAX:03-6304-0279
E-mail:info@zenken-center.com URL:https://zenken-center.com