「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

国土交通省 /平成25年度マンション総合調査

長計の期間「30年」「30年以上」で5割超

国土交通省は4月23日、平成25年度マンション総合調査の結果を発表した。マンション管理に関する施策の検証、提示を行うための基礎的な資料を得ることを目的として5年ごとに実施している。
調査時点は平成25年12月。公益社団法人マンション管理センター登録管理組合名簿より無作為抽出し郵送配布した。配布数3,643管理組合、有効回収数2,324管理組合、回収率63.8%(管理組合向け調査)。
※国土交通省のホームページに詳しいデータが掲載されています。

54-04-1①長期修繕計画の作成状況

◆長期修繕計画を作成している管理組合の割合は89.0%と、前回調査と同値である。

54-04-2②長期修繕計画の計画期間

◆「26 ~ 30年」が?35.4%と最も多く、次いで「31年以上」が?21.8%である。
計画期間の平均は26.0?年。前回調査と比べて2.2年長くなっている。

 

 

54-04-3③計画修繕の平均実施時期(年)

◆ 「外壁塗装等(躯体、塗装、タイル等)」の平均実施時期は11.8年で、実施時期は「11 ~ 12年目」が12.7%と最も多い。「鉄部塗装等」は8.7年で、実施時期は「5~6年目」が17.1%と最も多かった。「屋上防水」の平均実施期間は11.5年、「給水設備」の平均実施時期は13.7年、「排水設備」の平均実施時期は14.8年となっている。「これまでに計画修繕工事は実施したことがない」は20.0%あった。

 

54-04-4④計画修繕工事実施時の検討方法(重複回答)

◆「専門委員会等の組織は作らずに理事会が中心となって検討した」が49.2%、「理事会とは別に専門委員会等を設け、そこが中心となって検討した」が37.4%、「建築士等の専門家に依頼した」が16.4%となっている。?
総戸数規模別にみると、規模が大きくなるほど、専門委員会が中心となって検討する割合(「301 ~?500戸」73.2%、「501戸以上」68.3%)が高く、小・中規模(「20戸以下」から「51 ~ 75戸」まで)は6割が委員会等の組織は作らずに理事会が中心となっていた。

54-04-5⑤計画修繕工事実施時期の工事費調達方法(重複回答)

◆「修繕積立金」が75.8%(不明を除くと98.4%)と最も多く、次いで「借入金(民間金融機関)」が5.4%(不明を除くと7.0%)、「借入金(公的金融機関)」が4.8%(不明を除くと6.3%)となっている。?

 

 

(大規模修繕工事新聞 2014-6.5 No.54)

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA