「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

外国人作業員の時代がやってくる!? Part6 ミャンマー研修機構視察<概要>

57-07-1外国人作業員の時代がやってくる!? Part6
ミャンマー研修機構視察<概要>

8月8日朝7時、すでにうだるような暑さの中、リムジンバスに乗り込みました。行先は成田空港第一ターミナル。同行者は、㈱日装・小川隆幸社長、㈱ティーエスケー・竹内一社長、三和建装㈱・中衆司社長、㈱荒川防水興業・荒川哲洋社長、㈱アリマ・石井延幸氏。
57-07-2朝11時の全日空便で約6時間半。2時間30分の時差を含めて、15時30分ころヤンゴン国際空港に到着しました。
ヤンゴンは雨季で湿っぽく、時折、強い雨が降りましたが、常に曇り空で気温は25、6度。日本の真夏よりは過ごしやすい気候でした。
今号では大まかな日程と写真を紹介し、以降、数回に分けてミャンマー視察旅行の細かな模様を掲載します。
視察の基本テーマは、政府が推進している「外国人技能実習制度」への取り組みです。同制度は、平成22年7月の改正入管法の施行に伴い、法務省入国管理局が発表した技能実習生の入国・在留管理に関する指針(平成25年12月改訂)に基づいています。
労働者不足問題を打破するための打開策のひとつとして、工事を発注する管理組合も興味を持ってほしいと思います。
(大規模修繕工事新聞 2014-9.5 No.57)

到着後の翌朝9時から面接を開始。夕方4時まで5社が実施した
到着後の翌朝9時から面接を開始。夕方4時まで5社が実施した

 

寺院が経営する学校の校舎。ヤンゴン市内の中心から車で2時間のところにある
寺院が経営する学校の校舎。ヤンゴン市内の中心から車で2時間のところにある
技能実習制度の研修生は、この学校の建物を使って塗装・防水などを実施研修を行う
技能実習制度の研修生は、この学校の建物を使って塗装・防水などを実施研修を行う

 

寺院は孤児院も兼ねている。ゴミの中に捨てられていた子どもなど約100人を高僧が引き取り、育てているという
寺院は孤児院も兼ねている。ゴミの中に捨てられていた子どもなど約100人を高僧が引き取り、育てているという

 

ヤンゴン郊外にある日本語学校の風景。この日はひらがなの文字を勉強していた
ヤンゴン郊外にある日本語学校の風景。この日はひらがなの文字を勉強していた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA