「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

閑静な住宅街に存在感あるマンション意匠性アップにこだわり再吹付けも実施

61-02-01閑静な住宅街に存在感あるマンション意匠性アップにこだわり再吹付けも実施
戸建て住宅が並ぶ閑静な住宅街。一際存在感のあるマンションがレクセルプラッツァ蒲生だ。小学生の子どもを持つ世帯が多く、居住世帯が比較的若いマンションでもある。
1回目の大規模修繕工事とあって、基本的な修繕項目は外壁、防水、鉄部、シーリングの改修だが、よりこだわったのが外壁塗装面の意匠性、カラーリングについて。
61-02-02タイル張りの部分が少ないマンションのため、より重厚感のある塗装仕上げを求めた管理組合と施工者との間で、塗材の検討に相当な時間をかけた。
結果的に上塗りに菊水科学の石材調塗材仕上げ材を選択。豊富なカラーバリエーションが可能なセラミック系細骨材の質感で、塗料にはない意匠性が表現できるというもの。
また、特に外観の塗装面はリシンガンによる吹付けを行った。一般的に改修工事ではローラーを用い、再吹付けをするケースは少ない。より重厚感のある意匠性アップにこだわった結果だといえよう。
その他の注意点では、普段から小学生が中庭で遊ぶ日常があるため、施工前に「キッズ説明会」を開催。共働きの世帯も少なくないため、マンション内で遊ぶ子どもの安全に十分な配慮を必要とした。
中庭には駐輪場を移動して資材倉庫(有機溶剤等危険物等の保管を含む)、廃材コンテナを設置。カラーコーン等でバリケードで区画した。さらに居住者用に植木等の仮置き場も作ったが、植木だけでなく、荷物の仮置き場も設置。その分、子どもたちの遊ぶスペースが狭まったが工事期間中の我慢を子どもにも理解してもらったということになる。
作業員と居住者の動線の分離についての配慮は徹底した。作業員はメインやサブエントランスを使わず、防犯用にテンキー錠をつけた工事作業員用扉を工事期間中のみ外部から敷地内への侵入者対策とした。
現場事務所や作業員休憩所、洗い場、仮設トイレは隣接の越谷市との協議によりコミュニティハウス脇の提供公園を借用。公園の遊戯を近隣住民の子どもたちが使えるよう、現場事務所等は仮囲いをして対応した。
61-02-03 作業員や材料搬入は工事用の出入り口を使い、休憩などは提供公園を使うことで動線分離を徹底した。
1回目の大規模修繕工事の経験を生かし、今後も戸建て住宅街の中でランドマークとしての存在感をこれからも維持していく。

設計・監理者:株式会社T.D.S(ティー・ディー・エス)
■本社
〒103.0012
東京都中央区日本橋堀留町一丁目6.13 昭和ビル3階
.03.5649.3666
■大阪支店
〒556.0015
大阪府大阪市浪速区敷津西二丁目1.12 YKビルディング7階
.06.4396.3511
代表者:岡 俊英  設立:1979年(昭和54年)6月
資本金:3,000万円  http://www.tds-arc.com
施工者:三和建装株式会社
■本社
〒188.0011 東京都西東京市田無町1.12.6 .042.450.5811
■埼玉営業所
〒336.0018 埼玉県さいたま市南区南本町2.3.1 若葉ビル2F
.048.711.4613
61-03-01■千葉営業所
〒273.0032 千葉県船橋市葛飾町2.341.3 サミットビル603号
.047.495.7255
■神奈川営業所
〒222.0021 神奈川県横浜市港北区篠原北1.1.14 石井ビル2F
.045.438.7273
代表者:中 衆司  設立:1978年(昭和53年)4月
資本金:1億円  http://www.sanwakenso.co.jp

61-03-0261-03-0361-03-04(大規模修繕工事新聞  No.61)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA