「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

Q19 ベランダに物置を置く人への対策は ありますか? Part2 

64-14-1ルール作りの参考に判例、使用細則モデル紹介

前回、ベランダ・バルコニーは共用部分であることを住民に周知し、勝手な使い方を認めず、管理組合がルールを作って使い方を規定することが大切であると書きました。
そこでルールを作る際に参考となる裁判事例を紹介します。
バルコニーに物置を設置した人(賃借人)に対し、物置の撤去を命じた判例です。物置は間口1.5m、奥行90cm、概ね大人ひとり分くらいの大きさでした。
取り外して移動が容易ではないこと、バルコニーの清掃がしにくく、落ち葉がたまり、排水の妨げになること、防水工事の際に移動の手間暇がかかること、外観を悪くしていることなどから、管理組合は「共同の利益に反する行為」であるとして、行為の差し止めを求めました。
結果として美観面、緊急時の避難の妨げとなる機能面、修繕工事への影響、そして躯体への影響等を考慮して総合的に判断され、物置を撤去するよう命じられました。

次いで、国土交通省が発表している中高層共同住宅使用細則モデルです。

○○マンション使用細則
(バルコニー及び屋上テラスでの禁止行為)
第11条  バルコニー等の専用使用権者は、バルコニー及び屋上テラスにおいて、次の各号に掲げる
行為をしてはならない。
一  煉瓦、モルタル、コンクリート及び多量の土砂による花壇等(芝生を含む)の設置又は造成
二  家屋、倉庫、物置、サンルーム、ビニールハウス、縁側、遊戯施設その他の工作物の設置又は築造
三  アマチュア無線アンテナ、音響機器及び照明機器等の設置
四 緊急避難の妨げとなる物品の設置又は放置
五  手すりを毀損し、又は落下のおそれのある物品の設置若しくは取付け
六 多量の撒水
七  その他バルコニー及び屋上テラスの通常の用法以外の使用

判例や使用細則モデルを参考に、それぞれのマンションでもルールの見直しまたは住民への周知をしてみてはいかがしょうか。

(大規模修繕工事新聞 第64号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA