「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

外国人作業員の時代がやってくる!? Part14 日本語学校を見学、実習生が学ぶ教室を実感

63-4-4外国人作業員の時代がやってくる!? Part14
日本語学校を見学、実習生が学ぶ教室を実感

1月30日、午前と午後に分かれて参加各社が面接を行いました。結果として今回は7社23人が採用予定となりました。
「面接」というツアーの大きな目的である仕事を終えた一行はリフレッシュを兼ね、今ツアー唯一の観光としてヤンゴン中心部にあり、ミャンマーで最も有名なシュエダゴン・パゴダ(寺院・仏塔)を見学しました。高さ100mの黄金のストゥーパ(仏塔)を中心に仏塔や廟が林立しています。
ミャンマーでは乾季にあたる時期ですが、夕刻は涼しく、裸足で歩く境内が気持よいくらいでした。
さて、翌31日は学校や実習風景の見学です。この日の夜にはもう帰国便に乗るため、ホテルをチェックアウトした後にロビーに集合。9時に日本語学校に向けて出発しました。
同校は全国建物調査診断センターが運営するミャンマー研修機構の一環として「ミャンマー人材開発機構」が昨年11月、ヤンゴンのレイダンに開校したものです。
授業は月曜から金曜まで午前9時~ 12時の3時間。31日は土曜で休校でしたが、実習生が学ぶ教室などを実感してもらいました。現地スタッフは日本人、ミャンマー人の計6人。教科書は、すべて日本語で書かれた㈱スリーエーネットワーク発行の『みんなの日本語初級』を採用しています。外国人技能実習制度を利用して日本で働きたい生徒が中心となっています。
学校を後にして次にJETROヤンゴン事務所を訪問。このときの様子は63号5ページにすでに掲載しました。
この後は、塗装や防水の実習風景を見学にアウンパラヒタ寺院に移動します。(つづく)(大規模修繕工事新聞 第64号)

64-4-164-4-264-4-364-4-464-4-5


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA