「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

外国人作業員の時代がやってくる!? Part18

1508-68-6-1ミャンマー人材開発機構
磯部塗装の技能実習生 作業着配布でやる気up!

6月26日、ミャンマー・レイダンにあるミャンマー人材開発機構の日本語学校で、磯部塗装㈱(本社東京江東区・磯部武秀社長)の技能実習生6人に対し、磯部塗装のネーム入り作業着が配布された。3カ月間の日本語カリキュラムが終了し、これから技術指導がはじまる。
手渡したのは全国建物調査診断センター・ミャンマー担当の院田浩利氏。作業着の着方は塗装、防水等の技術を教える柳澤裕治氏が指導した。
磯部塗装の技能実習生6人はこのあと、ヤンゴン郊外にあるアウンパラヒタ寺院でさらに3カ月間の技術指導を受ける。指導の際に使用する材料は、関西ペイント、ダイフレックスにより、日本の塗材、防水材の提供を受けている。
全建センターの院田氏は「会社のロゴ入りの作業着をもらったことで実習生も会社(磯部塗装)の一員だと、ますますモチベーションが上がってきました」と気合が入っていることがうかがえるという。
数カ月後、日本でも同じ作業着をきて仕事をすることになる。これから暑くなるけど、みんなガンバって!!
(大規模修繕工事新聞 第68号)

1508-68-6-21508-68-6-3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA