「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

次世代型耐震補強/SPAC工法

2011-03-15-13モデル事業として国交省から
補助金2億円

神奈川・平塚のパークサイド平塚管理組合では昨年、国土交通省の「平成21年度住宅・建築物耐震改修モデル事業」を活用し、耐震補強工事を実施した。
そもそも耐震に関しては「阪神・淡路大震災を経験した人が住民にいたことから管理組合の意識は高かった」と理事長。
検討を重ね、「外観や採光を損なうことがなく、住みながら室内に立ち入ることなく工事ができる」という理由でSPAC工法を選択した。
これにより、耐震改修モデル事業に採択され、工事費約4億円の1/2に当たる約2億円を補助金で賄えた。
また省エネ工事効果による固定資産税の減免措置も管理組合が平塚市に交渉。先進自治体に続いて減免が認められた。
SPAC工法は従来の耐震壁補強、ブレース補強、アウトフレーム補強と異なり、外観や採光に影響のない工法のため、合意形成も行いやすい。
理事長の話では近隣マンション住民から「どこが変わったの?と言われる」ほど。
耐震補強工事は新たに住民に受け入れられる工法へ進化している。
(大規模修繕工事新聞 第15号)

2011-03-15-152011-03-15-142011-03-15-172011-03-15-16


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA