「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

東日本大震災に緊急提言 ~阪神・淡路の教訓を~

19-2011-07-16 一般社団法人日本マンション学会は6月11日、千葉・浦安の明海大学でシンポジウム「東日本大震災によるマンションの被害実態と対処方法~阪神淡路大震災の教訓を踏まえて~」を開いた。
当日は、約300人が参加。浦安市の松崎秀樹市長が被災状況を写真を使って報告し、管理組合に補修費用の補助制度を設19-2011-07-19置する(1ページ参照)など行政の取り組みを紹介した。
また、東日本からはマンション管理支援ネットワークせんだい・みやぎの事務局・泉清隆氏らが被害の実態を報告。創価大学の黒木松男教授が地震保険の課題について解説した。
日本マンション学会としては、被災マンションの課題と政策提言について、東日本大震災特別調査研究委員会・折田泰宏委員長(前学会会長)が緊急提言を行った。

(大規模修繕工事新聞 第19号)2011-07

 

 

19-2011-07-17


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA