「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

多摩ニュータウンで外断熱普及活動まい進!

24-04神奈川県下マンション管理アドバイザー等CPD委員会は㈳日本建材・住宅設備産業協会と共催で2011年11月18日、横浜・石川町のかながわ労働プラザでマンション省エネ改修提案セミナーを行った。
メーンテーマは「ホームタウン南大沢団地の挑戦」。同団地の住民であるNPO多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議の秋元孝夫・副理事長がホームタウン南大沢団地で行った外断熱改修工事について話した。

24-05秋元氏は「外断熱の効果を改めて考える」ことは、「生活の豊かさを実感するための改善」だと話す。
まずは建築の専門家としてコンクリートの温度劣化を意識し、外断熱による躯体の保護で建物の長寿命化が図れると考えた。
秋元氏の計算では外断熱改修後、「外壁調査のサイクルは30年で補修を想定。シールの補修と屋根の調査は15年を想定。雨漏りしたら考える」という。
居住者の視点からは「長期修繕計画を見直し、積立金の減額ができる」ことも視野に入れ、「改善効果の広報で資産価値が向上」し、「環境の快適化によるコミュニティー醸成」につながるという。

24-07
2010年1月30日、引き渡し・竣工式。管理組合、設計者、施工者な どが集った

24-06マンションデータ&工事概要
1986年竣工・10棟・3~5階建て・146戸・PC造
●主な工事内容/外壁湿式外断熱改修・屋根乾式外断熱改修・ガラスの断熱化(ペアガラスの導入)・階段回り鉄部塗装・手すりをステンレスからアルミへ取り替え
●外断熱メーカー/㈱サンクビット
●断熱ガラス/日本板硝子㈱「スペーシア」
●床下、天井裏断熱/「発泡ポリウレタン50㎜」
●外断熱設計者/NPO外断熱推進会議
●コーディネーター/アド構造設計㈱
●施工者/ TOHO㈱ 工事期間/ 2009年9月17日~ 2010年1月30日
●補助金等/国土交通省「平成20年度既存住宅・建築物省エネ改修緊急促進事業」補助額5,000万円(戸当たり約35万円)・国税庁「住宅特定改修特別税額控除」戸当たり18万円・多摩市役所「固定資産税単年度減額」固定資産税3分の1を減額

(大規模修繕工事新聞 第24号)2011-12

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA