「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

機械式駐車場 パレット補修事例 塩害での腐食が厳しいマンション 定期的な補修工事が必要

75-31今回は、パレット補修の事例を紹介します。

◆マンションデータ
所在地:神奈川県横須賀市
2006年竣工・1棟・36戸
駐車場形態:地上1段・地下ピット2段式・全30台
駐車場使用料(月額):
( 地上)1万8,000円、(地下1段))1万6,000円、
(地下2段))1万4,000円

特に海が近く、塩害によるパレットの腐食が厳しい
マンションなどでは、定期的に機械式駐車場の補修工事が必要です。
写真はパレットの縞鋼板に錆が発生し、それによって穴が開いてしまいました。これが30パレットのうち11カ所。補修は、錆の除去(ケレン)、穴をふさぐための鋼材加工、錆止め剤塗布、中・上塗り剤塗布などで、約70万円の支出となりました。

この管理組合では独立系のメンテナンス会社と保守点検業務契約を結び、年4回の保守点検を行っています。この金額が10基30パレットで年24万円。排水ポンプ点検、消耗部品等の交換は別途かかります。ここに部分補修費70万円がさらにプラスされるというわけです。
機械式駐車場を長期使用可能にするためには、維持管理(保守点検)のほかに日頃の部分補修が大事だといえます。
<取材協力・㈱桐ヶ谷工業所>

75-3475-3675-37

(大規模修繕工事新聞 第75号)2016-0375-35

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ