「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

国土交通省 管理適正化・再生推進事業 平成28年度採択は、日住協ら4事業者

79-4国土交通省住宅局マンション政策室は5月25日、3月9日付けで公示を行った「平成28年度マンション管理適正化・再生推進事業(マンションの新たな維持管理適正化・再生促進)」の評価結果を発表。NPO日本住宅管理組合協議会(日住協)ら4事業者が採択されました。
対象事業としては、管理不全マンション等の管理組合の活動を支援する専門家の育成や専門家派遣の体制整備など、一連の管理組合への支援事業。1法人1,000万円を限度に補助が得られます。
【NPO日住協の採択事業の概要】
○千葉・習志野市の習志野香澄1丁目住宅管理組合からの依頼で、NPO日住協を通して管理適正化・再生推進事業に応募
○香澄1丁目住宅管理組合の課題
・対応支援
①滞納管理費等の問題への対策の具体化
②マンションリフォーム問題に対する理事会の対応支援
③現在進行中の香澄団地将来委員会(高齢化対策等)の活動支援
・具体策
①マンション管理士、弁護士、非営利活動法人の協力を得ながら成案を得る
②マンション管理士およびマンションリフォーム推進協議会の支援を得る
③将来委員会の活動状況をマンション管理士がまとめる
○交付申請額:約180万円

(大規模修繕工事新聞 第79号)