「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

事故・瑕疵・倒産等発生後の補償のため 「工事保険、瑕疵保険、完成保証加入」の確認

 yomoyamahanashi

 事故・瑕疵・倒産等 発生後の補償のため

「工事保険、瑕疵保険、完成保証加入」の確認

 

 先日、マンション改修工事で仮設足場の解体作業中にパイプが落下し、通行人が死傷した事故が発生しました。
お亡くなりになられた方には心より御冥福をお祈り致します。また、負傷された方には、お見舞い申し上げます。
どんなに実績ある会社でも、何らかの「ミス(事故、瑕疵)」つまり人災は、100%防ぐことは、難しいのかもしれません。
やはり作業するのは人間です。「100%大丈夫」はありえません。ましてや、職人の不足・高齢化・技術力低下などで、リスクは高まる一方です。
工事を行う管理組合には、自分で身を守るために、自らリスク対策を行うことが求められます。
(1)「工事会社選びで予防」
工事会社選定の入札条件に、過去の事故・瑕疵などの有無、安全対策方法を提出するよう記載する。さらに、工事中に安全確認する(気が緩まないように)。
(2)「事故・瑕疵・倒産発生後の損害賠償、瑕疵補修対応の備え」
事故・瑕疵・倒産等を起こした後に、しっかり補償してもらうために、工事会社選定の入札条件に「工事保険(請負業者賠償責任、PL)、瑕疵保険、完成保証に加入」(補償額、特約付帯も明記)を記載し、加入しているかの確認も行う。
最後に、ある管理組合理事長の印象深い言葉を紹介します。
「私は、管理組合理事長となった以上、住民の住生活を守る責任があります。マンションは共有財産、共同生活のようなもの。だから1%でもリスクを減らすために、できることはしっかり対策したい。管理会社や工事会社など第三者の言葉を鵜呑みにはしない。しっかり備えと確認をする」

(大規模修繕工事新聞 第83号)