「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

中小規模マンションは中小会社を選ぶべし/ミャンマー人作業員も「まじめ」と高評価

神奈川・大和市/サンピア南林間管理組合

「工期内に立派に仕上げていただき、住民みんなが喜んでいる」と管理組合から自発的に感謝状が渡された
 中小規模マンションは中小会社を選ぶべし

ミャンマー人作業員も「まじめ」と高評価

 築28年目の昨年1月、管理会社の提案により、定期総会で5階部分のルーフバルコニーのみの部分補修工事が決定した。  このとき、何のための工事なのかと疑問に思った西岡徹さん。その総会での理事長就任後、本来の修繕工事の必要性を探りはじめた。  管理会社の仕様書をもとにアサヒ建装に見積り依頼をすると、おおよそ管理会社と同額で4階と5階部分のルーフバルコニーの全面改修工事ができることがわかった。 「それでは」と、今度は全体工事の見積もりをアサヒ建装に依頼。その仕様書をもとに5社から相見積もりをとり、2回の臨時総会を経て1月の部分補修工事を却下し、2回目の大規模修繕工事への合意を得た。  実は平成24年ころから大規模修繕工事の提案を管理会社から受けていた。しかし、前回の大規模修繕工事で戸当たり約100万円の一時金徴収があり、輪番制の理事会では先送りされていた。 全21戸。  どの小規模マンションの大きな悩みは資金問題だ。とはいえ、西岡理事長がリーダーとなって共通仕様書をもとに相見積もりやヒアリングなどを行い、業者の比較・選定をした。また全建センターの大規模修繕工事節約セミナーなどにも参加し、自分で勉強・情報を得た。結果的に2回目も30万円程度の一時金徴収の必要があったが、施工者に選ばれたアサヒ建装の工事状況の評価が高く、「みんな遅滞なく快く払ってくれた」と西岡理事長。  「自分で勉強し、人任せにせず、すべてに直接関与したので、やりがいがあった。セミナーに参加し、業界の先達者のアドバイスはたいへん貴重だった」  西岡理事長はさらに「小さなマンションは大きな会社には軽く見られて、相手にされない感じがする。中小規模のマンションは中小の会社を選ぶべしだと思った」とも。  アサヒ建装は小規模マンションを中心とする実績が20年以上ある。 また、今回はアサヒ建装が受け入れた外国人技能実習生としてミャンマー人が作業員として加わった。これについても西岡理事長は「非常にまじめであいさつもきちんとする。女性の住民からも好ましく映ったという声があった」と高評価。「企業としても、海外援助を拡大していけばいいのではないか」と話してくれた。 (大規模修繕工事新聞 第85号)
 

左からアサヒ建装・坂田社長、西岡徹理事長、 小坂現場代理人

 完工後のマンションの様子
 全建センターが技能技術教育を手がけた外国人実習生らが作業員として活躍
ミャンマー実習生はすでに来日1年半が経過。日本語もかなり上達した
 
細かい部分は刷毛を器用に使って作業を行っている
 
細かい部分は刷毛を器用に使って作業を行っている

工事データ

○工事名/サンピア南林間大規模改修工事 ○建物概要/1988(昭和63)年10月竣工・RC造・地上5階建て・1棟・21戸 ○発注者/サンピア南林間管理組合 ○施工者/(株)アサヒ建装 ○主な工事内容 ・仮設/仮設足場、飛散防止ネット等 ・外壁補修/タイル亀裂、浮き補修、塗装面のクラック処理、爆裂・欠損補修等 ・シーリング/窓まわり、換気口、貫通部まわりのシール打ち換え等 ・タイル壁洗浄・外壁塗装 ・鉄部塗装/火災報知器、消火器ボックス、駐輪場、変電設備扉等 ・防水/屋上、ベランダ、ルーフバルコニー等 ○工事期間/2016年9月26日~2016年11月30日

施工者:株式会社アサヒ建装
■本社
〒227-0038 神奈川県横浜市青葉区奈良3-21-2
電話 045-961-7757
■本社営業部
〒194-0044 東京都町田市成瀬3-1-5
電話 045-961-7757
代表者:坂田 舟平 創業:1995年(平成7年)6月
資本金: 2,000万円 http://www.asahikenso.co.jp