「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

 マンションで4K・8Kを受信するためには?

早めの検討、住民周知が必要

BS・110度CSの4K・8Kスーパーハイビジョン(SHV)実用 放送が2018年12月、現行の衛星放送とは異なった規格で開始さ れます。  現在、家電売り場で4Kテレビや4K対応テレビが売られてい ますが、一部ケーブルテレビやインターネットなど配信サービ ス以外、一般の家庭で視聴することはできません。  また、視聴するにしても4Kテレビや4K対応テレビに加え、 受信機能のある4Kチューナーが必要となります。  加えてマンションで2018年12月以降、BS・110度CS左旋の 実用放送を見るためには、右左旋共用アンテナの設置や、ブー スター、分配器などテレビ共同受信設備を3,224MHz対応機器 へ改修することが必要です。  設備の改修には工事計画、資金調達、総会決議、工事発注な どの手続きなど、工事完了まで長期間を要します。  管理組合の対応が遅れると、4K・8K放送を見たい住戸が待 ちきれず、ベランダに勝手に受信アンテナを設置するケースが 増えると考えられます。  マンションの住民から「聞いていない」「早く教えてくれれ ばよかったのに」などといった苦情が出ないよう、管理組合内 での早めの検討と対応、住民への周知が必要といえるでしょう。  ※ 現行のハイビジョン(2K)は2018年以降も継続して視聴 可能。スーパーハイビジョン(4K・8K)を必要としない 家庭では新しいテレビを購入しなくても、今のテレビのま まテレビ番組を見ることができます。

4K・8Kとは  

 4K・8Kスーパーハイビジョン放送は、現行のハイビジョン(2K)を超える超高精細な画質による放送をいう。スーパーハイビジョンの解像度は4Kが約800万画素、8Kが約3,300万画素で、それぞれハイビジョン(2K)の4倍、16倍超となり、より立体感、臨場感ある映像を楽しむことができる。
 

4K・8Kを見るためには

現行のBS放送、110度CS放送は放送衛星より右旋(うせん=右回り)で電波が送られている。それを左旋(させん=左回り)で出すと、右旋と同じ分の帯域が新たに使えることになる。この左旋の電波を使うことで4K・8K放送を実現させるのである。

このため、4K・8Kを見るためには右左旋共用のアンテナが必要となり、使用周波数帯域3,224MHzまで対応する機器に変更(改修)する必要がある。

(大規模修繕工事新聞92号)

4K・8K放送のロードマップ


ツールバーへスキップ