「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

Q50  管理費から自治会費を出したいのだが?

Q50  管理費から自治会費を出したいのだが?

30戸のマンション管理組合の理事です。いつ大震災が来るかわからない昨今、地域との協力が必要だと痛感しています。町内の自治会にマンション全員分の加入をお願いするため、管理費から自治会費を出したいと検討中です。こうしたことは可能でしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

自治会の強制加入はNG
管理組合の関わりは重要な課題

まず、マンションの組合員に対し、自治会加入を強制することはできません。このため、管理費から自治会費を充当することも当然できないことになります。
平成28年のマンション標準管理規約の改正に際して、国交省に設置した「マンションの新たな管理ルールに関する検討会」でも、「管理組合は財産管理団体」であることを強調し、コミュニティ形成のための活動を主とする自治会との線引きをしています。
住民同士の懇親として飲んだり、食べたり、それは自治会の役目であって、建物維持管理を目的とする管理組合が関知することではないということです。
質問のように管理組合が防災に取り組もうとしているところは少なくありませんが、防災組織は自治会が主導しているのが一般的で、行政の補助金制度への申請も自治会が対象となっているケースがほとんどのようです。管理組合で話し合って、防災備品を購入しようとも、自治会を通さなければ補助金申請対象にならないわけです。
これでは地域の自治会に加入するマンションの防災意識が高まるとはいえません。
確かに自治会は任意加入団体です。しかし、自治会との関わりがマンション内外のコミュニティ形成、大震災など有事の際の対応の観点から、管理組合として自治会とどのように関わるかは非常に重要な課題であると考えられます。
地域の自治会に加入するマンションを行政がどうのように認識するのか、問題提起として声を大きくしていかなければなりません。
<参考>
『新・マンション管理の実務と法律』日本加除出版発行
『管理組合・理事のためのマンション管理実務必携』民事法研究会発行

(大規模修繕工事新聞 第95号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ