「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

マンションの給水方式について

 厚生労働省は2013年3月、 「新水道ビジョン」を策定・発表し、 全国に浸透しています。
 この「新水道ビジョン」の基本概念は「安全な水・快適な水 を、安定して供給する」ことです。
 マンションでも20年程前まで、水道局の規定で貯水槽を設 置しなければなりませんでした(貯水槽水道方式)が、現在は 材料や設備機器の技術進歩もあり、「貯水槽を介さない給水方 式(直結給水方式)」に改修するケースが圧倒的に増えています。
受水槽や高置水槽などの貯水槽は定期的にメンテナンスをしな ければなりません。また貯水槽の劣化による漏水や部材腐食な ど、修繕あるいは更新の費用負担が発生します。
 このため、厚生労働省や地方自治水道局では、増圧直結給水 方式や直圧直結給水方式といった直結給水方式を推進している のです。
 ただし、マンションによっては、地域の水理状況や立地環境 など、直結給水方式の導入には条件がある場合があります。管
理組合としては、まず自分のマンションがどのような給水方式 になっているのか確認し、その後でどのような給水方式にして いくことがベターなのか検討することが大事なことと言えま す。
〈文/全国建物調査診断センター・給排水設備担当〉(大規模修繕工事新聞99号)


ツールバーへスキップ