「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

Q55 滞納者が行方不明、理事会の対応は?

Q55 滞納者が行方不明、理事会の対応は?

 ある住戸で管理費等の滞納が続いていることがわかりました。住民は賃借人。区分所有者は近所に住んでいて、 お店をやっていましたが、その店も今は閉まってしまいました。連絡もまったく取れません。  理事会ではどのような対応をとったらよいのでしょうか。

ベストアンサーに選ばれた回答

「公示送達」で訴訟を提起 呼出状が届いたのと同じ効果

 一般的に管理費等の滞納者への対応は、①普通郵便・ 訪問による督促②内容証明郵便③支払督促の申し立て④ 訴訟提起による請求という流れになります。
 しかし、今回は区分所有者と連絡が取れないというこ となので、親戚縁者を探し出し聞き出します。次いで登 記簿謄本を取り、所有者が変わっていないか、抵当権等 があるかどうかなどを調べます。
 区分所有者の所在がどうしてもわからなければ、裁判所に「公示送達」方法で、訴訟を提起します。
 「公示送達」とは、区分所有者が行方不明のために訴状 を送付できないことから、裁判所の掲示板に2週間掲示 することにより、実際に送付したと同じ効果を得る方法 です。
 この方法を取ることによって、相手に呼び出し状が届 いたのと同じ効果があり、判決を得て、強制執行するこ とが可能になります。  管理組合(理事会)としては、まず債権を確定(「債務 名義の取得」=勝訴判決をもらうこと)させたいところ です。
 理想的には主たる抵当権者に競売を起こしてもらい、 競落者から管理費等を支払ってもらう方法です。競落し、 新しく区分所有者となった人は「特定承継人」として、 滞納管理費等を支払う義務が生じてくるのです。
 また、賃借人が支払っている賃料を差し押さえる方法 での回収も検討できます。
 法律行為となる場合は法律の専門家に依頼したほうが、 作業がスムーズにいきます。問題が深刻になる前に弁護 士等のマンションに詳しい法律専門家に相談し、早期解 決を目指すことが望まれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ