「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

第23回R&R建築再生展2018開催

第22回R&R建築再生展2018が5月30日から3日間、東京ビッグサイト東1ホールで開かれます。期間中は「マンション改修村」「マンション大規模修繕ゾーン」等において、リノ・ハピア㈱、㈱ティーエスケー、関西ペイント販売㈱、田島ルーフィング㈱、日本ビソー㈱、コニシ㈱などの企業がマンション改修に必要な諸々の最新工法・製品を展示します。
 来場対象者はマンション管理組合、専門工事業者、建築コンサルタント、改修アドバイザーなど。出展者は約130団体で、建築再生のための要素技術、リフォーム&リニューアルに関する技術・工法・製品・工具・システム・提案などを展示する。
 入場料1,000円(事前登録の場合は無料)。詳しくはhttp://www.rrshow.jpまで。

(大規模修繕工事新聞 101号)

昨年の「マンション改修村」の様子


ツールバーへスキップ