「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

マンションの鍵預かりを考える

マンションの鍵預かりを考える

NPO日本住宅管理組合協議会/集合住宅管理新聞『アメニティ』2018年7月5日付第431号「論談」より


 うっかりして鍵を落と した、忘れたといった鍵 をめぐるトラブルが増え ている。
 超高齢化、認知症高齢 者の増加が進む築30年 後半、40年以上のマン ションでその傾向が顕著だ。
 築50年の千葉市の稲毛海岸3丁目団地(768戸)で は3年前、鍵預かり制度をはじめた。認知症高齢者 の鍵の紛失などが増え、70歳以上の高齢者を対象に、 申請書と引き換えに鍵を預かる。さらに空き家所有 者からも鍵預かりを広げ、合わせて80戸から預かっ て管理組合の金庫に厳重に保管する。
 高齢者からは無料、空き家所有者からは点検費用 として3カ月ごとに1,500円とこちらは有料。全戸 768戸のうち10%超の80戸で利用があり、利用率は小 さくない。
 鍵預かりで、部屋に立ち入られる不安が懸念され るが、住民と管理組合との信頼感がしっかりしてい るから、トラブルはゼロ、という。
 横浜市の民間マンション(426戸)は、全戸の鍵を 管理会社が預かる。こちらは約7年前から開始。東日本大震災の経験から、大震災などいざというとき に管理会社が鍵を預かっていれば、帰宅困難などで 家族がバラバラになった時などに救いになる、また 平時の鍵忘れにも対応できる安心感からこの制度を はじめたと理事長は強調する。
 このマンションは東日本大震災では大きな被害は なかったが、管理会社に防災対策の整備を要求、管 理組合自身もフロアごとにフロアにリーダーを決め、 防災会議を開くなど防災に強いマンションを目指し ている。
 3年に一度、昼間の連絡先、血液型の登録を更新 する。住民が若いせいか、制度発足以来、預かった 鍵の利用の事例は発生していない。
 鍵預かりについて大手管理会社に聞くと、管理員 の人手不足から広げるのは難しい、と口をそろえる。
 実際に引き受けている一部の管理会社は管理組合と 契約を交わして引き受けるが、実際は警備会社に委 託しているのが実情、という。高齢者の多いマンショ ンでは気心の知れた友人同士で緊急の時を考え、鍵 を預け合うことは習慣化しているというが、鍵預か りの成否のカギはどうやら住民同士、管理組合と住 民の信頼関係に尽きるようだ。
(NPO日住協論説委員会)

(大規模修繕工事新聞106号)