「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

100年マンション 資産になる住まいの育てか

 2031年、国は新築住宅建設の管理に乗り出し、「住 宅総量目安」の策定を自治体に義務付ける―著者が予 想したマンション未来年表によると、住宅の総量を自 治体が調整する時代がやってくるという。そうなると、 管理状態の良いマンションは高い資産性を維持、廃墟 マンションは周辺の資産価格下落にも影響を及ぼす。  本書では「ずっと資産になるマンションを創るため に必要な16の提言」(第4章)など、100年マンショ ンのためのヒントを網羅。住民としてどのようなマン ションを選ぶのか、住民としてどのように維持管理を 考えるのか…住民としての価値観が 問われていくと指摘している。

(大規模修繕工事新聞 No.107)

『100年マンション 資産になる住まいの育てかた』
長嶋 修
日本経済新聞出版社
日経プレミアシリーズ
新書判・232ページ・定価850円+税
2018年9月11日発売
ISBN 978-4-5322-6383-6


ツールバーへスキップ