「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

 File Data.120  横浜市/エトワール山下管理組合

中華街入口で車両制限の配慮
斜壁対策はクリアウォールを採用

 横浜・中華街への玄関口に立地する10階建てのマンション。 周辺はマンションが建ち並ぶ一角であるとともに、中華街の飲 食店へ生鮮食料品などを届ける卸売り業者の車両が頻繁に通行 する環境でもあった。
 このため、仮設足場の設置や建築資材の搬入時は車両を通行 止めにするなど、車両制限等の配慮を行うことになった。
 また土地柄、住民は賃借人の中国人も多く、中国語による工 事のお知らせチラシを随時作成。洗濯物干し情報やバルコニー 外壁の高圧水洗浄の実施等、住民への協力を仰いだ。
 建物として特徴的なのは、斜壁への対応。斜壁は、建設時の 立地状況から通風、採光等を確保するため、建築基準法の斜線 制限に沿って設計される。
 ところが一般の外壁と違って、斜めになっている分だけたく さん雨を受けることになる。当マンションでは側面の外壁と同 じタイル仕上げの斜壁のため、この部分からコンクリートへ雨 水が浸入し、躯体内の鉄筋のサビによるコンクリートの中性化、 タイルの浮き、剥離などの可能性が大きくなるわけだ。
 この対策に用いたのがトップコート材の東亞合成㈱が開発し た「アロンクリアウォール」。タイル面の上から透明で柔軟性 のある塗膜を形成することで、タイルや目地モルタルを保護し、 雨水浸入を防ぐ。

(大規模修繕工事新聞107号)

 ルーフバルコニー、バルコニー にはウレタン防水を施工。液体状 のウレタン樹脂を複数回塗ること で防水層を形成し、雨水の浸入を 防ぐ。
 大規模修繕工事の大きな目的 は、躯体コンクリートに雨水の影 響を与えないこと。基本的なこと に重点をおけば、建物の経年劣化 の進捗も遅くなるといえる。

 

管理組合理事長談
 管理組合としては、良い工事会社にお会いできたと喜んでい ます。
 設計・監理者は専門家の立場から、無理な出費をかけず、建 物の安全性と耐久性等を考慮に入れた施工を行ってもらうた め、管理組合と施工者との良いパイプ役を担ってくださいました。
 こうした「管理組合の意向」を正しく受け取って、実際にそ れを具体化し、安心させてくれたのが現場代理人の役割でした。
 問題が生じた際、その対応に十分に考慮された解決策の選択 肢を提案してくれました。このため、工事に素人の私たち理事 も、行動の方向が分かり、協力しやすかったことを思い出します。
 私は、技術的な称賛もそうですが、「人的な側面」としても、 監理者、施工者の「一期一会」型の接客姿勢の方針に関して、 称賛したいと思っております。
 今後のアフターケアなども、よろしくお願いします。

アロンクリアウォールの特徴
〇意匠性:タイル特有の意匠性を損なうことなく、鮮明 で重厚な仕上り感が得られる。艶消しタイプ の上塗材(特殊アクリルシリコン)は低汚染 性を発揮する。
〇防水性:ひび割れ部への浸透性に優れた柔軟な透明塗 膜で雨水の浸入を防止することで、エフロレッ センス(白華現象)の流出防止やタイルの剥 落を予防する。
〇耐候性:下地水分の影響による白濁がなく、黄変しに くい塗膜である。
〇作業性:塗装工程が少なく、経済的な工法である。
〇高品質:全国アロンコート®・アロンウオール®防水工 事業協同組合員による施工で資産価値の維持・ 向上に努める。

工事データ
○工事名/エトワール山下大規模修繕工事
○建物概要/ 1988(昭和63)年竣工・SRC造・地上10階建て・1棟・ 71戸
○発注者/エトワール山下管理組合
○設計・監理 者/㈱T.D.S
○施工者/㈱アール・エヌ・ゴトー
○主な工事内容
①共 通 仮 設/仮設物設置(廃材置き場、仮設シンク、仮 設電気、工事用掲示板等)
②直 接 仮 設/足場組立・解体、昇降設備、落下防止養生、 侵入防止養生、安全対策、養生等
③モルタル面下地補修/塗装面(モルタル面)、調査・補修・洗浄
④タイル面下地補修/タイル面、調査・補修
⑤シーリング/外壁目地、建具回り目地、ガラリ回り、屋 上配管回り、避難ハッチ回り、ドレン貫通 部回り
⑥外 壁 塗 装/既存塗装面(壁・天井)・外壁・バルコニー・ 開放廊下
⑦鉄部塗装等/鋼製建具扉枠、樋、配管、ドレン、隔て板、 消防用補助水槽、消火栓ボックス、機械式 駐車場パレット、店舗室外機置場等
⑧防水/ルーフバルコニー、 バルコニー、出窓天端、 小庇天端等
⑨その他/各所清掃、避難ハッチステッカー貼り替え、 隔て板ステッカー貼り替え、面格子脱着、 消火栓ボックス下部笠木モルタル補修等
⑩追 加 工 事/ルーフバルコニー、 バルコニー巾木漏水対 策工事
○工事期間/ 2018年4月~ 2018年8月

設計・監理者:一級建築士事務所 ㈱T.D.S
■本社  〒103−0012  東京都中央区日本橋堀留町一丁目6−13 昭和ビル3階  
03−5649−3666 代表者:岡 俊英  
創業:1979年(昭和54年)6月
資本金:5,000万円
//www.tds-arc.com
施工者:株式会社アール・エヌ・ゴトー
■本社 〒211−0043川崎市中原区新城中町16−10
044−777−5158
■東京支店  〒143−0016  東京都大田区大森北1−1−6イソーラ大森ビル3F  
03−5753−1656 代表者:後藤 龍彦  
創業:1970年(昭和45年)4月
資本金:1億円
//www.rngoto.com

①タイルの浮き部分をマーキング

③タイル付着前にモルタルを塗布

⑤斜壁タイル面工事完了

ルーフバルコニーにてウレタン防水施工の様子

 中国語による工事のお知らせ

②タイルを剥離

④トップコート材のクリアウォールを塗布

マンションは横浜・中華街に立地する


ツールバーへスキップ