「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

 File Data.123  北海道札幌市/イトーピア旭町管理組合

湿式外断熱工法で改修
躯体保護にも好影

2017年実施の外断熱改修事例。イトーピア旭町は過去2回、 外壁塗装工事を実施しているが、住民の管理意識はあまり高い とはいえず、総会を行ってもほとんどが委任状で成立する状態 であった。
 とはいえ、築年が40年を過ぎ、特にサッシ回りの劣化がひ どく、漏水などの問題も増えていた。そこで管理組合は湿式 外断熱工法による改修を実施。屋上も既存防水を剥離して、 50mmの断熱材を設置した。
 外断熱改修は、既存の外壁面に断熱材をかぶせ、さらに弾力 性や耐光性、耐衝撃性に優れた補強メッシュや下塗り・上塗り材を塗布するため、躯体の保護にも好影響がある。  設計者は「外断熱改修はデザインや光熱費より、躯体保護の ほうに意識を高めるべき」とし、「大規模修繕工事の周期を1 回飛ばすことも可能」と話していた。

(大規模修繕工事新聞108号)

断熱材75mmを貼りつけ

1階ピロティ部分は断熱材 の厚みがわかりやすい

1・2階は石目調の塗材で仕上げ

カバー工法によるアルミサッシ交換

外断熱改修施工者:Sto Japan(シュトージャパン)株式会社
■本社  〒102−0093  東京都千代田区平河町2−11−1 平河町ロンステート1F
☎03−5216−1530 代表者:佐々木 隆
設立:2005年(平成17年)12月
資本金:6,600万円
//www.stojapan.com

工事データ
○工事名/イトーピア旭町外断熱改修
○建物概要/1974(昭 和49)年6月竣工・地上11階建て(1~7階:SRC造、8階以 上:RC造)・60戸 ○発注者/イトーピア旭町管理組合 ○設計・ 監理者/㈲大橋建築設計室 ○外断熱改修施工者/Sto Japan㈱○主な工事内容
①屋上
・既存/既存の保護コンクリート上にFRP防水(1992年改修済み)
内断熱材:屋根スラブ下スタイロホーム50mm ・改修/ 既存FRP防水剥離、外断熱材(硬質ウレタンボード 50mm)+改質アスファルト露出防水
既存アルミアングル笠木の再利用、斜め笠木の新設
1階共用部分の屋根はFRP防水の上塗り補修
②外壁
・既存/ コンクリート打ち放しの上、吹き付けタイル塗装、1 階の一部は磁器タイル張り
内断熱材:スタイロホーム30mm ・改修/湿式外断熱工法
外壁:EPS断熱材75mm、高耐久塗材仕上げ(Sto)
1・2階石目塗材、3階以上5階部分にて外壁色分け 塗装
FF排気塔周囲の加工
1階磁器タイル部分は石目塗材仕上げ、一部塗装
③建具工事
・改修/専有部分はカバー工法によるアルミサッシの交換
外壁断熱施工により、窓下端に新規の水切り材の設置
④バルコニー
・改修/既存のウレタン防水の上塗り補修
バルコニー先端に設置した既存サッシの撤去
既存スチール手摺を撤去し、アルミ製に交換
縦樋の交換、クラースリーブの開口
⑤1階車庫内
・改修/室内側外壁面断熱補強
天井内グラスウール充填
⑥その他/ 玄関スロープ庇補修、1階ホール・廊下の内装更新 および照明器具交換、スチールドア等の鉄部塗装、 ドーバー工法による給排気塔部分の改修
○工事時期/ 2017