「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

 File Data.122  北海道千歳市/サーム千歳ドミニオ Wing3 管理組合

冬場マイナス20℃も
光熱費30%節減効果

 今年5月に行われた日本マンション学会北海道大会の見学会 で訪れた、千歳市のサーム千歳ドミニオWing3管理組合と札幌 市のイトーピア旭町管理組合の外断熱改修を紹介する。どちら もドイツに本社を置く世界的壁材メーカー・Sto社の日本正規 代理店であるSto Japanが施工を担当した。  File Data.122のサーム千歳ドミニオWing3は6年前の2012 年、1回目の大規模修繕工事とともに外断熱改修を実施。国土 交通省の長期優良住宅先導事業による工事として、補助金3,000 万円を得ることができた。  建物の基礎部分も土を掘って断熱材を設置、共用廊下の窓も Low-E複層ガラスに交換するなど、徹底的に断熱にこだわった 工事となった。  管理組合の住民によると、この地域の冬場はマイナス20℃ になるという。「でも外断熱改修をしてから暖房機や灯油を使 うことが少なくなり、光熱費が30%減った」と、外断熱の効果 を実感しているという。

(大規模修繕工事新聞108号)

工事データ
○工事名/サーム千歳ドミニオWing3外断熱改修
○建物概要/ 1992(平成4)年11月竣工・RC壁式構造・地上5階建て・118戸
○発注者/サーム千歳ドミニオWing3管理組合
○設計・監理者/ ㈲大橋建築設計室 ○外断熱改修施工者/Sto Japan㈱
○主な工事内容 ①屋上 ・既存/アスファルト露出防水保護塗装(2008年改修済み)
内断熱材:屋根スラブ下発泡ウレタン30mm ・改修/ 既存防水層を残し、外断熱材(硬質ウレタンボード 50mm)+改質アスファルト露出防水
既存アルミアングル笠木の再利用、斜め笠木の新設 ②外壁 ・既存/コンクリート打ち放しの上に石目調吹き付け塗装
内断熱材:外壁面発泡ウレタン30mm、基礎回りFP板 30mm打ち込み
*共用部分廊下の外壁面は無断熱 ・改修/ 湿式外断熱工法 *外部階段の外壁は吹き付けタイル 仕上げ
外壁:EPS断熱材75 mm、高耐久塗材仕上げ(Sto)
基礎回り:XPS断熱材50mm、樹脂モルタル15mm(ダ ウ化工)
③建具工事 ・既存/専有部分:樹脂サッシ複層ガラス入り
共用部分:アルミサッシ単板ガラス入り ・改修/専有部分、共用部分ともにLow-E複層ガラスに交換
アルミサッシ枠は断熱塗材塗布、水切り材の延長 ④換気口等 ・改修/換気口の延長および換気フード交換 ⑤バルコニー ・改修/ 現状モルタル防水金コテ、浮き割れ部分を撤去し、全 面ウレタン防水、アルミ手摺一部切り詰め補修
住戸隔て板:既存枠スチール製からアルミ製に新規交換
防暑対策としてブラインド・すだれ設置用のフック設置
⑥その他/ 玄関スロープ新設および風除け室の両開きドアを自動ドアに交換、内部廊下および階段室の床、壁、天 井補修、管理棟の外壁改修
○工事時期/ 2012年

湿式外断熱工法を採用

共用廊下部分に75mmの 断熱材を貼りつけ

窓はLow-E複層ガラスに交換

アルミサッシ枠は断熱塗材を 塗布し、水切り材を延長