「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

Q63 管理者の善管注意義務とは?

Q63 管理者の善管注意義務とは?

 輪番制で理事になりましたが、その理事会の互選で理 事長を引き受けました。そこではじめて管理規約を見た ら、理事長は管理者と書いてあります。  管理者には善管注意という責任があるそうですが、こ れはどういう責任で、どんな義務があるのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

専門知識ないケースがほとんど
一般人として当たり前の注意をすること
管理者は委任契約に基づき、善良なる管理者の注意義 務をもって職務を実行する義務があります。
ただし、管理者が組合員から選出された理事長の場合、 その資格が法律上限定されているわけではなく、また組 合員はマンション管理に関する専門知識がないケースが ほとんどで、強力な権限を与えられているわけでもありません。
このため、管理者としての善管注意義務は、「通常人」 としての「普通」の注意義務を指すと考えられます。つ まり、専門家としての注意ではなく、「一般人として当た り前の注意をする」ということです。
例えば、①建物の一部が損傷していて危険な状態であ ることを知っていながら放置し、事故につながった、② 不正な会計処理を行った、など。管理費等の滞納では5 年の時効にならないよう、法的な措置をとることも行う べき義務といえるでしょう。
その他、法律や管理規約、使用細則に従い、さらに総 会や理事会で決定した事項につき、誠実に業務を遂行す ることが重要な義務となります(マンション標準管理規 約第37条)。
もちろん専門家として報酬を得て管理組合と委任(受 任)契約を結ぶ管理会社やマンション管理士等は、同じ 善管注意義務でもより重い義務があることはいうまでも ありません。

(大規模修繕工事新聞108号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA