「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

管理組合「修繕奮闘記」1日施工が決め手築16年目の給水管ライニング

50-2-1File Data. 58 千葉市緑区/あすみが丘ガーデンコート管理組合

1日施工が決め手築16年目の給水管ライニング

管理会社の業務として劣化診断調査を行った。対象は給水管。サンプリングにより管の中をのぞいてみると、錆こぶができている部分があることがわかった。
調査結果から検討材料となったのは、管の口径が太い共用部分ではなく、口径の細い専有部分である。
管材は塩ビライニング鋼管。築年が浅いため、漏水事故が多発するとは思えない。が、何より759戸の大世帯である。早めの手当てで長く持たせることはできないかという意見が出てきた。

漏水事故が問題になってからでは、管の交換(更新)工事の必要性が大きくなり、その場合は部屋うちの解体作業が伴う。更新施工と合わせた解体作業には長い工事日数、工費の負担増、それに伴う合意形成など、たいへんな労力が必要となる。

マンション住民には共働きの家庭も多く、在宅を求める工事には合意が難しい。
そこで、管理組合は漏水事故が大きな問題になる前に管を長く持たせようと、築16年目で専有部分の配管のみライニング更生工事を選択した。
ライニング更生工事のメリットは、更新工事よりも費用が安い、住戸内への立ち入り期間が短いとこにある。解体もしないので廃材も出さず、エコにもつながる。
そもそも専有部分の配管は、一般的なマンションよりも長い40 ~ 60m。天井配管が90%で解体工事の負担は大きいと予測できた。
そこで、ライニング更生工事を選択したのだが、中でも京浜管鉄工業の「NPBラピッド工法」。1日で作業が完了するというメリットが大きく、まさに管理組合のニーズに当てはまったといえる。

京浜管鉄工業は平成22年8月30日、これまでの実績を踏まえてライニング更生工事の工法元となり、24年10月1日には新たな給水管更生技術である「NPBラピッド工法」について一般財団法人建築保全センターの審査証明を取得した。
施工が1日で完了し夕方には通水できる、防水塗膜は安全で水に影響を与えないなど、専有部分の更新について話し合いをしている管理組合にとって、大きな決め手となった。
「NPBラピッド工法」の特徴は3つ。
⑴工事による在宅のお願いはわずか1日
⑵管の中に均一に塗布した防錆塗膜を温風・温水のダブル加熱で完全硬化
⑶仮設工事が不要なために廃材が減少

工事データ

○工事名/あすみが丘ガーデンコート給水管改修工事 ○建物概要/ 1997(平成9)年2月竣工・RC造・11棟・4~ 15階建て・759戸 ○発注者/あすみが丘ガーデンコート管理組合 ○設計・監理者/㈱千都建築設計事務所 ○施工者/京浜管鉄工業㈱ ○主な工事内容/共用仮設(工事事務所、資材置き場等の設置)/専有部分事前調査/水道メーター回り給水管保温/専有部分給水管更生(1棟2班、1日1班3戸施工)/屋外給水管補修 ○工期/平成25年8月~平成26年2月(予定)

設計・監理者:株式会社 千都建築設計事務所
〒261−0011??千葉市美浜区真砂3−1−2?千都ビル ☎043−277−2271(代表)
代表者:山田雅敏  設立:1974(昭和49)年4月  資本金:1,000万円  www.sent.jp
施工者:京浜管鉄工業株式会社
〒160−0011東京都新宿区若葉1−12−5 ☎03−3358−4871
代表者:平松拓也  設立:1952(昭和27)年12月  資本金:1億円  www.keihin-se.com

 

機械の設置と養生

機械の設置と養生

機器とホースを設置(浴室)

機器とホースを設置(浴室)

エアホース等の引き回し

エアホース等の引き回し

研磨・クリーニング作業。高速空気流と研磨材で2方 向からクリーニングし、管内部の錆を確実に除去する

研磨・クリーニング作業。高速空気流と研磨材で2方
向からクリーニングし、管内部の錆を確実に除去する

ピグで均一化された防錆塗膜を形成

ピグで均一化された防錆塗膜を形成

ライニング作業(塗料投入)

ライニング作業(塗料投入)

ホース設置状況(洗濯水洗)

ホース設置状況(洗濯水洗)

温風と温水養生機器で塗膜硬化を促進

温風と温水養生機器で塗膜硬化を促進

温水養生機器の設置

温水養生機器の設置

温水設定は60℃。温風・温水のダブル加熱で完全硬化

温水設定は60℃。温風・温水のダブル加熱で完全硬化

50-2-12 

(大規模修繕工事新聞 2014-2.5 No.50)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA