「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

危険!足場の施工不良 倒壊事故の原因は!?

危険!足場の施工不良 倒壊事故の原因は!?

 

平成24年3月、埼玉・松山市のマンション大規模修繕工事で足場の倒壊により、2人の児童の死傷事件が起こった。埼玉県警は足場の設置を請け負った会社社長らをさいたま地検に書類送検した。

事故の原因は、足場と建物本体をボルトや金具で固定するなどの倒壊防止措置が取られていなかったこと。労働安全衛生法は、倒壊防止のため足場の根元の固定や、建物側に穴を開けてアンカーを埋め込んでつなぐなどの対策を義務付けている。

足場の建材メーカー社長は「建物を養生シートで覆うわけだから、少しの強風でも倒れないような対策はとらなければならない」と話す。

「基本的には、ちゃんとアンカーを打て、ということなんですが、それをやらない業者もいます」

一定間隔で壁つなぎ(アンカー)等を設けることになっているが、その作業を怠っていることが事故の原因だというのだ。

では作業を怠る原因は何だろう。

「やはり、工事費用のダンピングです。費用が下がれば、そのしわ寄せは下請けに回ってきます。下請け業者はアンカーの数、建材のレベル等で調整するようになるのです」と建材メーカー社長。

大規模修繕工事の作業は大きな危険がつきまとう。危険を回避する対応には元請け業者もしかり、発注者である管理組合にも責任が及ぶ可能性がある。

いよいよ、管理組合も下請け業者の作業内容を知っておくことが必要な時代になってきた。

作業員の一つひとつの作業が危険を防ぐことになる
作業員の一つひとつの作業が危険を防ぐことになる

 

高層マンションにはクレーンで足場材をあげる 
高層マンションにはクレーンで足場材をあげる

 

足場の確保があってはじめて、さまざまな職人が安心して働くことができる
足場の確保があってはじめて、さまざまな職人が安心して働くことができる

(大規模修繕工事新聞 2013-5.5 No.41)

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA