「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

マンションの押し買い?にご用心!!

yomoyamahanashiマンションの押し買い?にご用心!!

NPO福岡マンション管理組合連合会「福管連だより」第214号より

高齢女性が所有している古いマンションの一室を、宅建業者が「高く買います」といって、相場より高値(仮に1千万円とします)を提示しました。高齢女性は喜んで承諾し、売却の委任状を提出しました。最後にその時、宅建業者は「このマンションは古くて、傷んでいるので修理代はあなたが負担してください」といい、高齢女性は気軽に「負担します」と答えました。
1千万円の売価にナント修理代が1千万円!翌日、宅建業者は、部屋の傷み具合を調べるとして別の者を連れていきました。そうして調べた結果、部屋はかなり傷んでいるので「修理代が1千万円かかる」といいます。驚いた高齢女性は「解約します」といいましたが、宅建業者は「すでに買う人がいる」「売却の委任状ももらっているから解約できない」といい、さらに態度を急変させて大声で乱暴な言葉を吐いたそうです。
最近話題になった「押し買い」とは、何らかの品を強引に持ち去ることですが、このマンションの手口も、実質的には「押し買い」と言えます。
国土交通省、マンションの悪質勧誘・訪問に注意喚起国土交通省では最近、マンションの販売などの不動産取引に関して、宅建業者から電話による執拗な勧誘を受けたなどの苦情・相談が増えているとして、注意を喚起しています。宅地建物取引業法では、宅建業者に対し、契約の締結の勧誘をするに場合、次の行為等を禁止しています。
. 威迫する行為(威迫:いはく=威力を示して相手を脅し従わせようとすること)
. 私生活や業務の平穏を害するような方法でその者を困惑させる行為
. 勧誘に先立って宅地建物取引業者の商号または名称、勧誘を行う者の氏名、勧誘をする目的である
. 相手方が契約を締結しない意思(勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思を含む)を表示したにも関わらず、勧誘を継続する行為
. 迷惑を覚えさせるような時間の電話または訪問する行為
特に、①断ったにも関わらず、しつこく電話をかけてくる、②長時間にわたって電話を切らせてくれなかった、③深夜や早朝といった迷惑な時間に電話をかけられた、④脅迫めいた発言があった、⑤自宅にと押しかけられ強引に契約を迫られた等があれば、やり取りを記録して、その宅建業者に免許を出している行政庁に連絡してください。
(大規模修繕工事新聞 No.60)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA