「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

耐震ドアシステム「アケルくん」

62-5-1大震災が起こると玄関ドアが開かなくなり、室内に閉じ込められ、安否確認も難しいケースがあります。
地震によるドア枠の歪みが10mm程度になると、ドアの開放に必要な力は100kg以上になります。震度6強の大震災ではドア枠の歪みは17mmになると想定され、200kg以上になるといわれています。こうなると人の力ではドアは開けられません。
ところが耐震ドアシステム「アケルくん」を取り付けると、地震によるドア枠の歪みが17mmでも6.12kgの力で開き、さらに局部的にドア縦枠が8mm歪んでも23kg以下の力で開くことが実験で証明されています。
「アケルくん」は、ドアの戸先側(錠前側)と上下に薄い樹脂製の滑り材をコーティングするだけ。平時のときには機能を果たしませんが、有事の際の閉じ込め防止、人命救助にたいへん効果的です。
また取り付け時にドアの調整を行いますので、それまで開閉が重い、きしむ音があるなどの不具合があれば解消して快適になります。
取り付け工事は1戸当たり1時間程度、費用5万円。ただし、集合住宅はスケールメリットがあるため工事費用を業者に相談することができます。なお、施工はメーカーの講習を受けた認定工事業者が行うことになっています。
●問い合わせ ───────────────────────────
リノ・ハピア株式会社
本社 〒145−0062 東京都大田区北千束3−1−3
城東支店・多摩支店・神奈川支店・埼玉支店・千葉支店
代表:渡辺清彦 資本金:1億円 設立:1964年(昭和39年)5月
0120−270−451 http://reno-happia.co.jp
(大規模修繕工事新聞No.62)

62-5-262-5-362-5-462-5-5

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA