「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

管理費の節約に!次世代型蛍光灯『E・COOL』

03-29省エネ・CO2削減で共用部分の電気代を大幅カット

㈱オプトロムは環境エネルギー事業の一環として、CCFL(冷陰極蛍光ランプ)を用いた次世代型蛍光灯「E・COOL(イー・クール)」を開発。世界基準での特許も出願中で、昨年9月から販売を開始した。
CCFL照明E・COOLは蛍光灯に比べ、大幅な省エネ・CO2削減効果をもたらす。LED照明よりも初期導入費用が安価なため、マンションでは共用廊下等への設置で電気代を大幅にカットし、管理費の節約に期待が持てる商品である。

CCFLとは…
Cold Cathode Fluorescent Lamp(冷陰極蛍光ランプ)の略。
一般的な蛍光灯と電極構造は異なるものの、発光原理は同じであり、ノートパソコンや液晶テレビのバックライトとして普及している.。

03-30……… 主な特徴 ………
ランニングコストの低減
・ 一般蛍光灯比で電気量30%~ 40%削減。LED照明と同等
・ 蛍光灯・LEDよりも発熱量が低く、空調コストの低減にも効果
安価な初期導入コスト
・初期導入コストはLED照明の半額程度。5年で償却可能明るく長寿命
・蛍光灯と同じ明るさで、寿命は5倍の40,000時間
その他
・ちらつきが無く、自然光に近い色合い
・近紫外線領域の波長を大幅にカット
・紫外線カットで紫外線を好む虫が寄り付かない。

●問い合わせ 販売店:㈱CCFL ☎03-3545-2004 http://ccfl.co.jp

(大規模修繕工事新聞 第03号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA