「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

共用給水設備に併せて専有リフォームも

05-2010-05-24

東京・大田区のAマンション(築21年・26戸)では、共用部分の給水管の直結給水方式への設備改修工事に伴い、希望住戸に対して専有部分の給水管、給湯管、さらにはエコポイントの対象となる内窓工事を行った。
専有部分の改修を担当したのはトステム㈱。
共用部分の給水管の劣化対策として、計画修繕に基づいて、住民の修繕積立金から改修工事を行うのが一般的だが、本来は専有部分の劣化も進行しているため、同時期に改修するのがベターである。
ところが、専有部分は各戸の費用負担になるため、住戸内の配管の取り替えは難しい。難しいから、共用部分だけ改修して「終わり」という物件も少なくない。
Aマンションではコンサルタントを務めた㈱小野富雄建築設計室の小野室長が専有部分の改修を今行う住戸、今後行う住戸のために共通仕様書を作成。配管の種類など建物全体の統一した仕様をもってリフォームできるようにした。
また、今回は希望住戸だけ、給水・給湯管改修だけではなく省エネ・防音効果のあるサッシ・インプラスの改修も実現。システムキッチン、洗面台、ユニットバスの交換含め、室内改修をまとめて行うことによって一般リフォームよりも費用節減が可能となった。数をまとめて行うだけではなく、共通仕様書の存在が費用の節減につながるといえる。
コンサルの小野室長は「共用だけじゃなく、専有もという意識を理事会が理解してもらって、今後リフォームする住戸のためにもよい共通の仕様書ができた」と話している。
一般的にサッシは共用部分だが、サッシの内側に設置するインプラス改修は専有部分の改修として、各区分所有者の判断で工事が可能だ。

(大規模修繕工事新聞 第05号)

05-2010-05-2505-2010-05-2605-2010-05-27


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA