「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

NPO法人 外断熱推進会議(EiPC)

kitami2 マンション管理に関係する公的機関や民間団体の紹介コーナー。管理組合へのアプローチ、マンションへの取り組みをマンションライフライターkitamiが活動拠点となる事務所やその他の現場にお邪魔します。

外断熱は寒冷地だけでなく
首都圏の建物にも貴重な住環境

お邪魔した事務局は東京タワーの真下でした。東京・神谷町。セミナーもこの事務局が入る機械振興会館で行われることが多いようです。もちろん現地見学会もあります。
2003年11月にNPO法人登記。外断熱に関しての正しい情報を伝え、普及を図ることを目的に活動をしている。東京の事務局と関西、九州、北陸、甲信越の各支部を拠点に日本全国に
会員、有識者のネットワークを構成。
外断熱は、外気温の影響が少ないことによる省エネや建物の耐久性が伸びる、結露を防ぐ、耐震補強にもつながる、などといった効果が望めます。日本では外断熱のなじみがなく、北海道などの寒冷地でのことじゃないの?と思われがちですが、「夏でもエアコンを使わなくても過ごせる」なんて、実は首都圏の建物にも貴重な住環境を与えてくれるものなのです。
「省エネに投資することは国の政策にも合致する。補助事業の拡大をNPOとしてもっと行政に問いかけていきたい」と堀内正純事務局長は話してくれました。

外断熱改修を行ったマンション住民の声

(夏)
・ 最高気温35.6度の日の15時22分、室内温度は29.4度だった
・ うだるような暑さの中、自宅マンションに戻ると、ひんやりした感じがする
・ クーラーを使うのは調理のために火を使う時だけになった
(冬)
・結露がなくなった
・ファンヒーターを使わなくなった
・寒い日でも室内温度は18度以下にならない
(春)
・まだ寒い3月7日朝8時29分、室内温度は22.2度だった
(大規模修繕工事新聞 第09号)

09-2010-09-1909-2010-09-20


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA