「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

『東日本大震災3.11のトイレ─現場からの声から学ぶ─』

72-15-12-22 10月17日の浜管ネット防災セミナー「大地震が発生したらどうする?」で、NPO日本トイレ研究所が企画・編集・発行した『東日本大震災3.11のトイレ─現場からの声から学ぶ─』を参加者に配布した。
大震災後の避難所の生活をみるとき、食べるときも寝るときも共同生活になる。トイレは唯一のプライベート空間だ。
しかし、トイレの衛生対策が不十分であれば、健康被害を招く。東日本大震災では、トイレに行くのが嫌で、水分や食事の摂取を控え、その結果、体力低下によってインフルエンザ等の呼吸器感染症となったり、脱水症状、エコノミー症候群になることも危惧された。
さらに名古屋大学の調査によると、東日本大震災で仮設トイレが避難所に行き渡るまでの日数を「3日以内」と回答した自治体は34%、「4~7日」17%、「8~ 14日」28%。「1カ月以上」14%であった。
仮設トイレはトラック等で搬送されるが、交通渋滞や道路の寸断によって、すぐに調達できないのが実情である。
72-15-12-23こうした東日本大震災の記憶を風化させないため、このハンドブックが発行された。
巻末には「今、トイレ衛生対策に本気で取り組まなければならない」と記してある。
【問い合わせ】
NPO日本トイレ研究所
〒105−0004
東京都港区新橋5−5−1 IMCビル新橋9F
TEL: 03−6809−1308 FAX: 03−6809−1412
www.toilet.or.jp
A4判・16p
冊子のダウンロードは
NPO日本トイレ研究所のHPより
www.toilet.or.jp/toilet-guide/pdf/311.pdf

(大規模修繕工事新聞 2015-12 No.72)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ