「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

エレベーターリニューアル工事見学会

エレベーターリニューアル工事見学会

7台全部を同時期に全面更新
埼玉・狭山市 ガーデンシティ狭山管理組合

築後29年目の既存エレベーター7台全部を同時期に全面更新を行った事例をNPO日本住宅管理組合協議会(日住協)で工事見学会として取り上げました。
見学会開催時には工事は完成していましたが、工事に至った経緯・準備プロセス、工事着工までの歩みを、管理組合理事長、エレベーター工事委員会委員より詳細に報告していただきました。
今回は設計・監理方式を採用せず、管理組合内部にエレベーター工事委員会を立上げ、技術面及び管理組合内部意向調査などを行いました。
管理組合が行った準備としては、組合員すべてがリニューアルを望むとはかぎらないことから、まず組合員
の意向を調査に尽力しました。その後、予算・工事概略を検討し、下記手順によって実施計画案へと進めました。
①合員の意識調査②専門委員会の設置③総会での決議④エレベーター委員会での検討⑤実施計画の作成。
委員会が行った作業は下記の通り。

②機能・性能および品質は同等であること
③事期間中、エレベーターの同時停止は、2台以内とした
④住民説明会実施(説明会のポイント)
・ 組合員の意見および最新の安全基準を最大限設計に反映した)
・ エレベーターの機能、外観等の変更面を大きく伝える
・全戸に協力して頂く内容を具体的に広報
⑤工事資材の搬入
・ 工事の動線に係るリスク(居住者車両の通行や運搬時の居住者への安全配慮)
⑤工事着工
・ 居住者へのビラ、掲示板等により工事の進捗、エレベーターの停止期間(時間)等の最新情報を報告
・ 毎月必ず定例打合せがあり、施工会社を含めて進捗状況などをチェック
⑥検査、竣工
・エレベーターの作動など詳細な検査を行い完成
・竣工後のメンテナンス契約等について確認
⑧まとめ
・充分な検討期間を作ること
・管理組合をサポートする専門委員会の設置が不可欠
・不明点があればいつでも連絡を
次に工事施工会社より工事内容説明があり、エレベーターを利用しない人にどのように合意を得たのか等の質
疑応答を行い、活発な意見交換となりました。
説明後、実際にリニューアルしたエレベーターの見学と「停電」や「地震」など緊急時の対応について、管理
会社とエレベーター内を直接つなぐ体験会も行いました。
(記事作成協力・NPO日住協 上地光男理事長、西山博之理事)

見学会を実施したガーデンシティ狭山
見学会を実施したガーデンシティ狭山
エレベーター改修中の様子
エレベーター改修中の様子
更新後のエレベーター
更新後のエレベーター
工事見学会には11管理組合が参加した
工事見学会には11管理組合が参加した

工事見学会&マンションデータ
●工事見学会期日:2013年3月16日㈯
●会場:埼玉県狭山市北入曽755-1
ガーデンシティ狭山 コミュニティ・ホール
1983年(昭和58年)・SRC造・11階建て・2棟・498戸
●エレベーター保守会社:
三菱電機ビルテクノサービス
●参加者:11管理組合19名

(大規模修繕工事新聞 2013-8.5 No.44)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA