「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

改修用隔て板「LNパーティション」

73-16-01-16 マンションのベランダやバルコニーの隣戸との境にある隔て板は、平時はプライバシーの確保と災害時には避難経路の確保という役割があります。
ただし、避難するために隔て板を蹴破る際、高齢者や子どもなどでは蹴破ることが困難であるという問題点がありました。
マンション管理会社の大和ライフネクスト㈱(本社:東京都港区)と、手すり、避難器具、集合郵便箱などの金物を手がけるナカ工業㈱(本社:東京都台東区)が共同開発した「LNパーティション」はレバーを下げパネルを押し倒す操作で容易に避難することができます。
さらに専用キーでロックを解除することにより、パネルを取り外し、取り付けができるため、大規模修繕工事などでは隣戸のバルコニー間を行き来する作業扉になる。
※専用キーは管理組合が保管する。
従来製品では作業員は一度足場に登ってから隣戸に移動しなければならない。LNパーティションの採用により、作業効率のアップ、工事期間の短縮などから工事費用の低減効果が期待できる。価格は10台以上で材料・工賃込み1台約5万円~。
(大規模修繕工事新聞 2016-01 No.73)

73-16-01-1773-16-01-20


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ