「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

国土交通省「小規模な倉庫」の取り扱い/ 実態に適さない通達は、現場混乱のもと

 yomoyamahanashi国土交通省は平成27年2月27日、各都道府県建築行政主務部長あてに「小規模な倉庫の建築基準法上の取扱いについて(技術的助言)」という通達を出した。

これについて現場では、実態にそぐわない通達だと混乱の原因となっている。

今回の通達は 、土地に自立して設置する小規模な倉庫(物置等を含む)のうち、外部から荷物の出し入れを行うことができ、内部に人が立ち入らないものについては、建築基準法上の建築物に該当しないものとし、建築確認等の手続きにつ いても不要であるとした。

一見、建築確認申請を不要とした画期的な通達と思えたが、「小規模な倉庫」の「小規模」とは「奥行が 1m以下かつ高さが2.3 m以下、床面積が2㎡以内」という条件がついた。

つまり、 この「小規模」に該当しなければ、逆に「建築確認が必要 」ということになるのだ。

「2㎡以内」の倉庫とは 、戸建ての庭先のプレハブ物置が一般的。町内会や自治会、管理組合など自主防災組織で使用するものを想定しているとは とても思えない。建築確認を申請するためには、 審査機関に支払う申請手数料、申請のできる登録業者への設計監理料がかかるのだ。

これまで建築確認については、一般的に 10㎡以上の建築物の 新築・増築が該当し、それ以下 の建築や、購入する 倉庫の設置程度はあまり意識されてこなかった。このため、マンション敷地内に は新たな防災倉庫を設置しやすく、自治防災組織を管轄する自治体(地域振興課) などでも、積極的な設 置を補助事業などで呼びかけているところがある。

ところが この国の通達によって、自治体が防災倉庫の設置を後押しする一方、自主防災組織に必要とされる 防災倉庫の大きさのものは確認申請が必要となってしまったのだ 。

これでは地域の自主防災について本気考えている 地方自治体、各地の自治会、管理組合等に混乱を招きかねない 。

自治防災組織の防災倉庫ついては、この通達の適用から外すなどの特例等が必要なの ではないだろうか。(編集部)

(大規模修繕工事新聞 第81号)