「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

国土交通省 /建築物リフォーム・リニューアル調査報告 平成28年度上半期売上高、前期比50.5%増

国土交通省・建設経済統計調査室は12月27日、平成28年度上半期受注分における建築物リフォーム・リニューアル調査報告を発表しました。リフォーム・リニューアル工事の市場規模や動向を把握することが目的で、調査対象期間は平成28年4月1日~9月30日です。
これによると、住宅にかかわる工事の受注高は3兆1,291億円で、前年同期比50.5%増でした(表1参照)。また、住宅部門の工事受注高のうち「増築」と「一部改築」を除いた、「改装・改修」は2兆6,501億円、「維持・修理」は3,217億円。この2つを合算した前年同期比は64.9%増という結果になりました。
発注者を「管理組合」とした工事受注高(住宅部門)は5,606億円で前年同期比は5.6%減でした。表2をみると、上半期は3期連続減少しています。もっとも工事受注高が高かったのは平成25年度上半期で、消費税8%値上げ前の駆け込み発注か要因だと考えられます。
今後も消費税10%増税、2020年の東京五輪・パラリンピックなど、社会情勢が反映される可能性が高いといえます。大規模修繕工事を計画している管理組合にとって、工事契約時期の検討材料に参考となる調査報告といえるでしょう。
(大規模修繕工事新聞 第87号)


ツールバーへスキップ