「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

『大規模修繕 どこまでやるの いつやるの』

著者/大槻 博司
発行/天地人企画
A5判・238ページ
定価/2,000円+税
2016年11月10日発売
ISBN978-4-908664-02-1

 

1970年に全国的な建築運動の団体として発足した「新建築家技術者集団(新建)」の新建叢書第1弾。新建は発足以来約40年、建築とまちづくりセミナーや全国研究集会、月刊誌『建築とまちづくり』発行など、「住む人、使う人の立場に立って」運動を展開している。

著者は新建の全国常任幹事、『建築とまちづくり』副編集委員長。本書では「修繕積立金の無駄遣いを避ける」 という観点から、「大規模修繕の時期と工事範囲は、一般論で判断するのではなく、建物・設備の状態から裏付けをもって計画するべき 」と指摘。「早すぎる、やりすぎる大規模修繕 」に警笛を鳴らしている。