「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

修繕工事会社のボクサー 東上選手、元日本王者に惜敗

 7回、レフェリーストップを告げられる東上選手(CS日テレG+放送より

修繕工事会社に勤務する現役のプロボクサー東上剛司選手(ドリーム所属/日本S・フェザー級6位)が5月6日、東京・水道橋、ボクシングの聖地・後楽園ホールで行われたダイナミックグローブSP(CS日テレG+放送)のメインイベントに出場しました。
59.5kgの契約ウェイトの10回戦。対戦相手は元日本王者で世界戦の経験もある金子大樹選手(横浜光/同級1位)です。
試合は金子選手が主導権を握りました。東上選手はデビューから15年、これまで一度もKO負けのないタフなボクサーですが、3回に左目上部から出血。東上選手も気迫でパンチを返しが、連打を打ち込まれて7回1分53秒、レフェリーストップ。ただし、最後までダウンは喫しませんでした。
試合後、日本テレビの解説者は東上選手について「本当に気持ちのある試合をした」。アナウンサーも「後楽園ホールのメインイベントにふさわしい盛り上がりだった」を述べていました。
東上選手は、マンションの大規模修繕工事を手がける㈱エーファイブ(本社:東京都墨田区、木村康三社長)の社員をしながらプロボクサーを続けています。

(大規模修繕工事新聞90号)