「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

8/29 民泊関係管理規約改正を国交省が発表

 国土交通省マンション政策室は8月29日、住宅宿泊事業法 成立を踏まえたマンション標準管理規約を改正、発表しました。
今年6月9日の住宅宿泊事業法成立により、今後さらに実施 しやすくなった住宅宿泊事業(いわゆる民泊)において、分譲 マンションでのトラブルを防止するため、民泊を許容するか否 かを管理規約上で明確化しておくことを目的としています。  また、国交省では「民泊をめぐるトラブルを防止するために は、民泊を許容するかどうかについて、あらかじめ区分所有者 間でよく御議論いただき、その結果を踏まえて、民泊を許容す る、あるいは許容しない、どちらかの旨をマンション管理規約 上に明確化しておいていただくことが望ましい」という考え方 を示しています。

改正条文

第4章 用法

〔※住宅宿泊事業に使用することを可能とする場合、禁止 する場合に応じて、次のように規定〕
(ア)住宅宿泊事業を可能とする場合
(専有部分の用途)
第12条  区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として 使用するものとし、他の用途に供してはならない。
2  区分所有者は、その専有部分を住宅宿泊事業法第 3条第1項の届出を行って営む同法第2条第3項の 住宅宿泊事業に使用することができる。
(イ)住宅宿泊事業を禁止する場合
(専有部分の用途)
第12条  区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として 使用するものとし、他の用途に供してはならない。   
2  区分所有者は、その専有部分を住宅宿泊事業法第 3条第1項の届出を行って営む同法第2条第3項の 住宅宿泊事業に使用してはならない。

◆パブコメに意見提出1,120件
 国土交通省では6月19日から7月18日までパブリックコメ ントを実施しましたが、その結果、294者(団体含む)・1,120 件の意見が提出されました。
 マンション民泊で考えられる被害・トラブルではゴミの散乱、 夜中のパーティ、不特定多数の外国人の出入り、家主不在型民 泊オーナーがマンション住民の気持ちを考えないことなどがあ げられます。

 「民泊禁止」マンションでは、マンション内での周知やコミュ ニケーションを高めておくことが重要です。