「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

 File Data. 108 神奈川・川崎市/第一鷺沼グリーンヒル管理組合 大規模修繕工事

 40年、全戸玄関扉交換工事を実施

管理組合主体かどうか、事前確認も必要

 築40年、3回目の大規模修繕工事となると、建物の下地や外壁、鉄部の補修といった一般的な修繕のほかに、玄関扉や窓サッシの交換、エントランスまわりの改修等がグレードアップ工事の対象になる。
 今回、第一鷺沼グリーンヒル管理組合では玄関扉交換を大規模修繕工事に組み込んだ
 各戸の玄関扉は共用部分と解釈できるが、マンション標準管理規約第7条2項二号で「玄関扉は、錠及び内部塗装部分を専有部分とする」と記載されている。
 このため、1、2回目の大規模修繕工事では玄関扉の修繕について、扉外側の塗装の塗り替えや化粧シートの接着張りなどで改装するケースが多い。
 とはいえ、劣化具合が進んでいる場合や、性能向上の要望が高いなど、特に高経年マンションでは扉交換を実施するケースが増えている。
 近年の玄関扉は気密性、遮音性、断熱性、防犯性のほか、レバーハンドルのバリアフリー性能など、商品性能がグレードアップされている。
 さらに今回、施工会社には窓や玄関扉の更新を得意とする㈱ラクシーを選定。見積もり競争による価格の調整、工事部位の優先順位などにより、全体工事費用に余裕を持たせることができたため、玄関扉交換の提案が実施可能となった。
 工法は既存の枠に新たな枠をかぶせた上で扉も交換する「かぶせ工法」を採用。大きな騒音、振動、粉塵の発生も少なく、約1時間半~2時間で施工が完了するため、採用が一般化しているようだ。
 ただ施工においては在宅していてもらう必要がある。基本的には建物の高経年とともに住民の年齢層も高いため、在宅率が高く、現場代理人によると「トラブルはまったくなかった」という。
 このほか、玄関扉の外側・内側、外壁、天井、廊下床、バルコニー床の色を決める際にも、理事会4人プラス修繕委員3人が中心となり、何度か住民アンケートをとりながら、合意形成に至った。
 高経年マンションでの3回目、4回目の工事は、今後も玄関扉やサッシの交換工事が増加すると思われる。共用部分として管理組合主体で修繕にあたるかどうか、各区分所有者に対し、事前の確認や調整、合意が必要となるといえよう。
(大規模修繕工事新聞94号)

工事データ

○工事名/第一鷺沼グリーンヒル大規模修繕工事 
○建物概要/1977(昭和52)年竣工・RC造・地上7階・1棟・52戸 
○発注者/第一鷺沼グリーンヒル管理組合  ○施工者/(株)ラクシー
○主な工事内容
・共通仮設/現場事務所兼詰所、各所養生等
・直接仮設/足場設置、飛散防止ネット設置等
・下地補修/下地ひび割れ、鉄筋爆裂、欠損補修等
・外壁塗装/外壁、バルコニー、廊下、階段の手すり壁、天井等
・鉄部塗装/各種鉄扉、PS扉、各扉、鉄製品等
・バルコニー防水/ウレタン
・床タイル/既製品タイル張り替え、タイル洗浄等
・シーリング/外壁打継目地、建具まわり、サッシまわり等
・外壁洗浄/高圧水洗浄
・長尺シート張り/開放廊下
・建築他工事/駐車場床塗装、駐車場区画線引き等
・玄関扉交換/各戸玄関扉、住戸室名札交換等
○工事期間/2017年5月8日~2017年9月9日

施工者:株式会社 ラクシー
■本社
〒270-2225
千葉県松戸市東松戸3-7-21
電話 047-312-8888
■東京支店
〒105-0004
東京都港区新橋2-12-7 労金新橋ビル5F
電話 03-6628-5240
■神奈川営業所
〒220-0003
神奈川県横浜市西区楠町10-8
電話 045-290-3222
代表者:倉川 久男 創業:1990年(平成2年)8月
資本金:2億5,000万円
https:// www.ruxy.co.jp