「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

スマートマンション/東急コミュニティー

スマートマンション/東急コミュニティー

既 存 マ ン シ ョ ン へ の サ ー ビ ス

マンション管理業の東急コミュニティーは今年4月、経済産業省の「平成24年度スマートマンション導入加速化推進事業に係るMEMSアグリゲータ」に採択された。
現在、同社では管理を受託している既存マンションに対し、一括受電サービスとともにMEMS導入の提案を推進している。
既存マンションでMEMS導入を行う場合、一括受電サービスを導入することで、共用部分の電気料金を削減することができ、管理組合のコスト削減が図れるとともに、共用部分と専有部分の省エネ・節電をあわせたトータルな支援サービスとなる。
既存のマンションをスマートマンションへと進化させることで、受託管理物件の資産価値向上にもつなげることが目的だ。

MEMS(Mansion Energy Management System)とは、マンションの建物内で使用する電力消費量等を計測蓄積し、導入拠点や遠隔での「見える化」を図り、空調・照明設備等の接続機器の制御やデマンドピークを抑制・制御する機能等を有するエネルギー管理システムのこと。
※一般社団法人環境共創イニシアチブ(略称SII)ホームページより

47-8-247-8-1

47-8-3

夏季・冬季の電力需要が高まる時期のうち、年間約10日間、ピーク時を指定し、居住者にスマートフォンなどを通じてお知らせします。居住者は、その時間帯に電力消費を一定量以下にキープする努力をすると、対象時間帯の電気料金が割引され、対象の時間帯の電気基本料金の削減を専有部に還元できる仕組み。

サービスに関する問い合せ先

株式会社東急コミュニティー
技術統括事業部エネルギープロジェクトチーム
☎03-5717-1545

(大規模修繕工事新聞 2013-11.5 No.47)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA