「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

「工法紹介」 ウレタン防水材小型圧送機「RAKUマシーン」

 大規模修繕工事を手がけるリノ・ハピア㈱は化研マテリアル㈱、AGCポリマー建材㈱と協同でウレタン防水工事の施工効率アップ、工期短縮等を目的にウレタン防水材小型圧送機「RAKUマシーン」を開発しました。
従来のウレタン塗膜防水施工には、スムーズな施工を妨げる3つの問題が存在していました。
1.攪拌(かくはん)不足による防水材の硬化不良
2.材料の荷揚げや防水材の運搬などにかかる人的コスト
3.大量に排出される一斗缶などの廃材処理
こうした問題点から人の手に依存した施工では効率が悪く、品質にもバラツキが生じていました。
これを解決するために開発したのが、ウレタン防水材小型圧送機「RAKUマシーン」です。

(大規模修繕工事新聞 第99号)

RAKUマシーンによる4つのメリット
①作業時間の短縮
・人手による一斗缶の荷揚げ、荷降ろしが不要となる
・人手による材料の配合、攪拌も不要になる
②品質の安定
・機械による自動配合のため、ウレタン防水材の品質不良を防ぐ
・ウレタンの圧送量もコンピューター制御で、必要量のみ調達できる
・季節や気温などで変化する吐出粘土も自動調整を行うことができる
③廃材の削減
・従来工法で大量に廃棄していた一斗缶をすべてなくせる
・使用するドラム缶はリサイクルするので、環境に優しい
④施工効率の向上
・ウレタン材の吐出量は毎分12リットル
・最大施工面積は1日約3,000㎡

圧送機の小型化で、ワンボックス車への積載も可能となりました。自動攪拌により、配合や攪拌が早く、均一、確実に行うことができます。
とにもかくにも管理組合にとっての最大のメリットは工期短縮です。作業効率のアップは工費の節約にもつながります。
また、防水材の運搬が激減することでバルコニーの作業期間も短くなり、住民のストレス軽減が期待できます。
こうした最新工法の情報は、施工会社選定にあたっても検討材料となることでしょう。

問い合わせ
リノ・ハピア株式会社
〒145-0062
東京都大田区北千束3-1-3
フリーダイヤルのマーク0120-270-451

従来の施工では、材料の荷揚げや荷降ろしは人が行っている

一斗缶の廃材は人がつぶしてまとめる必要がある

ワンボックス車への積載が可能なほど小型化された

電動ギアポンプ採用でウレタン材の吐出量は毎分12リットル


ツールバーへスキップ