「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

「新4K8K衛星放送」を受信するには…

新4K8K衛星放送は今の4Kテレビで見られるか?

 新4K8K衛星放送(BS・110度CSによる4K8K放送)は2018年12月1日、現在の衛星放送とは異なる規格で放送されます。
 現在、使用されている放送は「右旋円偏波の電波」、つまり右回りの電波で衛星から各家庭に提供されています。しかし、新しい電波は「左旋円偏波」=左回りで提供されることになるため、右左ともに受信できる新4K8K対応のBSアンテナが必要となります。
 また、現在市販されている4Kテレビや4K対応テレビには、新4K8K衛星放送の受信機能は搭載されていないため、新4K8K衛星放送をテレビ単体で視聴することはできません。4Kテレビや4K対応テレビのほか、新4K8Kに対応したチューナーなどが必要となります。
 また、共同受信設備では新4K8K対応のBSアンテナのほか、ブースター、分配器などの機器や配線、テレビ端子の交換が必要になるケースがあります。マンションでは改修に必要な費用の確保、住民の合意形成が求められるため、早めの検討が必要になるといえるでしょう。


「ベランダ受信者」が増えてしまう前に

 管理組合にとっての問題は、新4K8K衛星放送対応への合意形成です。
 新4K8K衛星放送が開始されても、現在の地上波とBS放送は現在のテレビで視聴できます。現在の画質で満足の住戸では費用のかかる改修工事は必要ないと考える人は少なくありません。
 このため、新4K8K衛星放送を見たい住戸と、今のままでよいという住戸との間で意思統一ができず、工事の着手が遅れると、ベランダに新4K8K衛星放送用受信アンテナを取り付ける「ベランダ受信者」が出てくることになります。
 マンションでテレビ設備改修を行うためには工事提案から完了まで長い時間を要します。まず管理組合では新4K8K衛星放送対応受信システムへの改修工事を行うか、行わないかを検討し、一部の理事会の責任にならぬよう、総会での合意事項として議事録に残しておくべきでしょう。
また、改修工事を行わない場合は、ベランダに取り付けた受信アンテナの安全管理責任が管理者(理事長)なのか、個人なのかを定めておく必要もあります。

(大規模修繕工事新聞102号)


相談窓口
一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)
新4K8K衛星放送コールセンター
ナビダイヤル0570-048-001
平日9:00~17:00(土日祝日休み)


ツールバーへスキップ