月刊「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。コロナ過を契機に発行形態を紙媒体から全面的に電子版に移行いたしました。それにともない、これまで首都圏、関西圏のみの発行でしたが、ネット配信の強みを生かし、全国規模に拡大しました。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」創刊から現在に至るまで、全ての記事をアーカイブ収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を右の<記事検索>にキーワードを入れるだけで表示させて、必要な記事を読むことができます。今後とも、マンション管理組合さまのお悩みに寄り添い適切な情報をお届けしてまいります。

2020年マンション大崩壊から逃れる50の方法!

『2020年マンション大崩壊から逃れる50の方法!』
著者/廣田信子 発行/宝島社 四六判・253ページ 定価/1,300円+税 2016年5月26日発売 ISBN978-4-8002-5545-7

80-05本書は、マンション総合コンサルティング㈱、マンションコミュニティ研究会代表である廣田信子氏のブログをまとめたもの。

高経年・高齢化による空き室・賃貸の増加、管理の破綻、そしてマンションのスラム化へ…「マンション大崩壊」が話題となっている昨今だが、「住む人」のことを本当に考え、しっかりとしたコミュニティで管理組合運営を行うことが大崩壊から逃れる方法だと説く。
その管理組合運営も「何が正しいか」ではなく、「どう調和するか」であるという。
廣田氏はセミナー等でよく「集まって暮らすことの素晴らしさ」を口にする。暮らしの中でできた同志とともに組合運営や建物維持管理を行っていくことは、戸建て住まいではできないことだ。
しかし、そこには「対立」なく、「調和」が必要である。本書には安心してマンションに住めるヒントが散りばめられている。(大規模修繕工事新聞 第80号)