「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

Q71 管理会社が赤字の一般会計予算を持ってきた!?

Q71 管理会社が赤字の一般会計予算を持ってきた!?

 

 

 

 定期総会を1カ月前に控えた理事会で、管理会社が一般会計予算を持ってきました。区分所有者に総会資料を送付する2週間前です。
 予算書の内訳をよくみると、なんと赤字決算です。赤字予算は消費税・損害保険料の値上げ、空き駐車場の増加による減収が主な理由でした。
 しかし修繕積立金から借り入れすることで、会計上は黒字となるよう予算書が作られているのです。
 管理会社フロントマンは3カ月前にかわったばかり。 しかも中途採用の新人です。こんなやり方は通じるでしょうか。このまま定期総会を実施できるのでしょうか。

ベストアンサーに選ばれた回答

管理費と積立金は区分経理
予算書での赤字補てんはできない

 修繕積立金は計画的な修繕工事などの経費に充当するために積み立てるもので、日常の維持管理のために徴収する管理費とは区分して経理しなければなりません。このため、一般会計の赤字を補てんすることは原則できません。
定期総会にこうした予算書をそのまま出すことは難しいのではないでしょうか。
 今回の赤字予算は消費税・損害保険料の値上げ、空き駐車場の増加が要因にあるそうですが、何が理由であれ、予算書の内訳を精査しなければ、管理会社はこのまま通 して、来年管理費の見直しの提案を計画していたのかもしれません。
 一般会計が赤字になる場合には、修繕積立金を取り崩すのではなく、管理費の設定を見直す必要があるためです。管理費の値上げの際には委託費の値上げへの含みもあると考えらえます。
 とはいえ、現実問題は総会まで時間がないことです。
 現役でお仕事をお持ちの理事会メンバーだけで支出項目や委託業務を一つひとつ精査して、期限までに予算書の赤字を補てんする作業は至難といえます。余剰金の繰り越しで補てんしてもそれはあくまで会計上の操作でしかありません。
 では、どうするか―予算案だけ議案書から取り除き、 後日見直したあとに臨時総会を行うか―会計士、マンション管理士など、マンションの会計に精通した専門家に聞いて具体的なアドバイスをもらって下さい。

(大規模修繕工事新聞117号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA