「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

「現場代理人研修システム」で、全建センターの 岡崎利正理事が受賞

 一般社団法人全国建物調査診断センター(吉野笙一理事長)が実施している「現場代理人研修システム」で、講師を務める岡崎利正理事が一般財団法人全国建設研修センター(伊藤淳理事長)から表彰を受けました。
 全国建設研修センターは国づくりに携わる人材を育成し、建設技術等の普及向上を図ることを目的に、研修、試験、講習を基幹として事業を行っています。
 このたび岡崎理事の表彰は、人手不足が深刻になるマンション修繕業界専門の唯一の「現場代理人研修システム」として、地道な実績を評価され、表彰につながりました。
 岡崎利正理事は、スーパーゼネコン、大手設計コンサルタント会社勤務の職歴があり、これまで日本大学や武蔵野美術大学などの諸大学、全国建設研修センターでも監理技術者講習の講師も務めています。
 「現場代理人研修システム」は、現場の第一線で活躍し、会社の代表として責任を持つ人材を育成するための、マンション修繕業界での全国初のプログラムです。
現場代理人研修システム研修会場の様子(東京・秋葉原の田島ルーフィング会議室)
 マンションの大規模修繕工事や改修工事を成功させるためには、①ハード面での施工や技術②ソフト面での居住者と管理組合③大規模修繕工事や改修工事のプロ意識、の3要素が必要といえます。
 講習の修了証が今後、管理組合の選択のひとつの基準になることを期待します。

大規模修繕工事新聞(121号)

研修会場の様子(東京・秋葉原の田島ルーフィング会議室)

岡崎利正(おかざき・としまさ)
全国建物調査診断センター理事。1級建築士、1級建築施工技士。大手ゼネコン、マンション修繕設計コンサルタント会社勤務の職歴があり、金沢工業大学建築科、日本大学理工学部、武蔵野美術大学建築学科等で講師を歴任している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA