「大規模修繕工事新聞」は、一般社団法人 全国建物調査診断センターが発行するマンションの適正な管理に役立つ管理組合向けのフリーペーパーです。首都圏、関西圏の約30,000の管理組合に直接、無料で発送しています。また、同じ内容のメルマガ版は登録いただいた方に無料配信しています。当HPでは、「大規模修繕工事新聞」の過去から現在に至るまで、全ての記事を収録していますから、マンションの大規模修繕工事に関する情報やマンション管理組合に関する情報を左下の検索窓からキーワードを入れるだけで必要な情報を得ることができます。

修繕積立金はどうやって決まるのですか?

教えて!管理組合交流相談室 ベストアンサー編

Q9 修繕積立金はどうやって決まるのですか?工事で借入を検討しています。

マンションに越してきてから初めて理事になりました。
理事会での当面の課題は2回目の大規模修繕工事ですが、今のままでは修繕積立金だけで工事費用を賄うことはできず、金融機関からの借入か一時金の徴収が必要となりそうです。
借入や一時金は他の住民からの合意を得られるかが問題となり、大規模修繕工事の延期も検討しています。

そもそも修繕積立金不足するには金額の設定に問題があると思います。一般的に修繕積立金はどうやって決まっているのですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

長期修繕計画に基づいて積立額を決定する

管理費は、管理委託費や水道光熱費、エレベーターなど共用部分の保守維持費や運転費、清掃費など、経常的な経費です。毎月の経費を把握し、それに見合った金額を区分所有者から収納します。
一方、修繕積立金は、多額の費用を要する大規模修繕工事費用の捻出のため、長期修繕計画に基づいて積立額を決定する必要があります。修繕積立金が不足した場合、なかなか大規模修繕工事の実施ができず、建物の劣化が進んでしまうというこのとにもなりかねません。

このため、早い時期に建物の状況に応じた長期修繕計画を作成し、それの応じた資金計画を立て、修繕積立金はいくらが妥当なのかを検討する必要があります。
平成25年度マンション総合調査によると、戸当たりの修繕積立金は月額平均10,783円。㎡当たり149円となっています。
修繕積立金額の決定方法でも、「長期修繕計画で算出された必要額に基づき決めた」が75.9%。他の回答では「管理費の一定割合とした」6.7%、「近隣の他のマンションの金額を参考にして決めた」2.3%、「その他」10.6%となりました。
また、各区分所有者ごとの負担金額決定方法は、「各戸の専有面積の割合に応じて算出」が83.1%、「各戸均一」が13.1%だった。

Q10 管理費や修繕積立金の預金口座名義はどうしているのが一般的ですか?

うちのマンションでは、管理費等を管理業者名義の収納口座に振り込んでいます。
近年、管理会社の倒産や管理会社社員の横領事件など、資産保全に関して不安なニュースが数多く耳に入り、不安です。管理費等の口座について、他のマンションではどうしているのか教えてください。

(大規模修繕工事新聞 2014-7.5 No.55)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA